2018年09月18日

2018.9.18 2年生

_20180918_190553.JPG
「おじいちゃんの ごくらく ごくらく」
西本鶏介/作   長谷川義史/絵
すずき出版(2006.2)

ぼくは おじいちゃんが だいすき。
おじいちゃんは おふろに つかるとき、くちぐせみたいに 「ごくらく ごくらく」といいます。
「ごくらくって なに?」ってたずねたら「しあわせな きもちに なることだよ」と おしえてくれました。


この絵本を読んだら、きみもおふろに入った時に「ごくらく ごくらく」と言ってみて!

(亀)

posted by ぶんこ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018.9.18 2年生

CA3K09480001.jpg「ぞくぞく ぞぞぞ きゅーはくの絵本D 化物絵巻」
九州国立博物館/企画・原案
(フレーベル館 2007)

ばけものたちの おとがする すー さや さや さや…

17世紀の狩野派の絵師、狩野宗信が描いた「化物絵巻」(九州国立博物館所蔵)の絵を使って作った絵本。
原作は動物の化け物が次々に出てくる、ストーリーも言葉もない絵巻物ですが、擬音を入れて組み直されて、子どもたちも楽しめる絵本になりました。
巻末に解説と、インタビュー「水木しげる、化物絵巻を語る」つき。

きゅーはくの絵本シリーズは全部で10巻、どれも博物館の所蔵品をもとに作られた、楽しくて興味深いものです。図書館の書架では埋もれがちなので、ぜひ紹介してあげて下さい。

(学校図書館に所蔵あり E−か)

(下)
posted by ぶんこ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年09月13日

2018年9月3年生

DSC_0515.JPG「コンビニエンス・ドロンパ」
富安陽子:文
つちだのぶこ:絵
(童心社 2008)
おとわやまの、イロハもみじの きのしたの、コンビニエンス・ドロンパ。あなたの ごらいてんを、おまちしています。
(石)
posted by ぶんこ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

no-title

はなをほじほじいいきもち
偕成社1997年
ダニエラ.クロート.フリッシュ作 たかはしようこ訳
(わ)
posted by ぶんこ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

no-title

KIMG0107.JPG
posted by ぶんこ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年09月10日

2018年9月4年

DSC_0511.JPG「おさるにっき」
和田誠:文
村上康成:絵
(偕成社 1994)
蔵書あり
お父さんがお土産に買ってきてくれた おさるの子「もんきち」 だんだんと人間らしくなってきて…
(石)
posted by ぶんこ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年09月07日

2018.9.6 1年生

image1.jpeg「わりとけっこう」
中川ひろたか 文
長 新太 絵
1997.8〜絵本館

わりとすいか
わりとすいかって おおきいんだよね
わりとすいかって おもいんだよね・・・(徳)

iPhoneから送信
posted by ぶんこ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018.9.7 1年生

CA3K09420001.jpg「ほね、ほね、きょうりゅうのほね」
バイロン・バートン/さく かけがわ やすこ/やく
(ポプラ社 2017)

ほね、ほね、ほねをさがしてあるく…

恐竜の骨をさがして、掘り出して、博物館に運び込み、クリーニングして、組み立てたら?

ティラノザウルスの骨格標本が出来上がるまでを、リズミカルな文と、はっきりした力強い絵で描く絵本。

この本をきっかけに、恐竜大好きの子どもたち(たくさんいます!)と、恐竜情報をやりとりできて、楽しい読み聞かせでした。
(なおこの本は、佑学社から1992年に、インターコミュニケーションズから1998年に発行されたものの復刊です)

(学校図書館に所蔵あり E-バ)

  (下)
posted by ぶんこ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年07月19日

2018年7月 3年生

DSC_0018.JPG「おんちょろちょろ」日本民話
瀬田貞二 再話
梶山俊夫 画

(福音館書店1970年)

あるおとこのこが、みちにまよってやまのふもとにすむじいさんばあさんにとめてもらうことになりました。
こぞうのふりをしてよんだおきょうを、じいさんばあさんはありがたがってまいにちまいばんとなえておりました。
そこへ3人のどろぼうがやってきたのですが…。

(佐)
posted by ぶんこ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度