2009年01月26日

2009.1.26 4年生

「オオカミクン」
 グレゴール・ソロタレフ:作 ほりうちもみこ:訳 
 (ポプラ社 2001)

あるところに、おおかみを一度も見たことのないうさぎと
うさぎを一度も見たことのないおおかみがいました。
ふたりは大のなかよしになって いろいろなことを教え合います。
ところがある日、おおかみがあんまりこわかったので、
うさぎは あなににげこんでしまいました。
どもだちってなんだろうと かんがえさせてくれる本です。
                           (鈴)

「ゆきおんな」
 松谷みよ子:文 あさくらせつ:絵
 (ポプラ社 1969)

しろうまだけという けわしい山のふもとに、
もさく、みのきちという おやこのりょうしがすんでおった。
けものを おううちに、山ふかく入り込んでしまい、
ふぶきになってしまった。
                           (和)
★蔵書あり★「338」
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2009年01月23日

2009.1.23 3年生

「コッケモーモー!」
 ジュリエット・ダラス・コンテ:文 アリソン・バートレット:絵
 なかたあきこ:訳
 (徳間書店 2001)

どうしよう!
鳴きかた 忘れちゃった!
いくら がんばっても「コケコッコー!」を思い出せない おんどり。
みんなに ばかにされたり、心配されたり…、
ある晩、あやしい物音がして…。
                           (石)


「ぼくにげちゃうよ」
 マーガレットWブラウン:文 クレメント・ハード:絵
 いわたみみ:訳
 (ホルプ大型本 2003)

ある日、うさぎのぼうやが おかあさんから逃げて、
広い世界に行きたいと思いました。
「ぼく にげちゃうよ」。
するとおかあさんは
「お前がにげたら、おかあさんは どこまでもあなたを
 みつけに行きますよ」…。
「だって、おまえは わたしのかわいい かわいい こどもだもの」
さて、こうさぎはどうしたでしょう?
                           (竹)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2009年01月21日

2009.1.21 2年生

「かぜひきたまご」
 舟崎克彦:文 三浦範茂:絵
 (講談社 2001)

ぼくがひろった 不思議なたまご
こまったことがあると みがわりになってくれるんだ。
なんてすてきなたまご
でも たまごがおおきくなってきたよ。
                           (佐)


「ごめんねともだち」
 内田麟太郎:文 降矢なな:絵
 (偕成社 2001)

おれ、オオカミ
おれのにがてなことば しってるか?
ごめんね、ごめん、ごめんなさい… むずかしいんだ。
こころのなかなら かんたんなのに、
そのかんたんが なぜだか いえない。
わかるか? このくるしいきもち。
だれか たすけて。おれが ごめん、て いえるように!
                           (徳)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度