2010年11月18日

2010.11.18 4年生

101118_1143~01.JPG
「アイウエ王とカキクケ公」
武井武雄・原案 三芳悌吉・文と絵
(童心社 1982)

温厚なアイウエ王の治める王国が、欲深なカキクケ公国に
占領され、王はタチツテ塔に幽閉の身となる。
人々は高徳のサシスセ僧に作戦を相談して、
ナニヌネ野で公国と戦う…
五十音のことばあそびが楽しい、レトロな雰囲気の本。
(学校図書館に所蔵あり。E-み)
                       (下)

「おおきな木」
 シェル・シルヴァスタイン 作  村上春樹 訳

りんごの木は 最初から最後まで1人の少年に
何かを与えつづけます。
何もなくなっても 木はそれでしあわせでした。
りんごの木から あなたは何を感じますか・・・
                       (佐)

posted by ぶんこ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010.11.18 3年生

2010102210570001.jpg
「ものぐさトミー」
 ペーン・デュポア 文  絵松岡亨子 訳
 岩波書店 1977

トミー・ナマケンボは、電気じかけのいえに、
すんでいます。
あさ、おかのむこうからお日さまがのぼり、窓じきいがあたたまると、
トミーのベッドは、自動的に動き出します。………
さて、トミーは?
電気じかけのいえの居心地は?
わくわくはらはらの楽しいそしてちょっと怖い話。
                        (徳)

「えほんをよんで、ローリーポーリー」
 リリ・シャトラン:文 ロジェ:絵 徳永玲子:訳
 (ポプラ社 2006)

ふとっちょモンスターのローリーポーリーが
こわ〜い声でおどかすと、こどもたちはみんな
にげて行きます。
あれ?
おんなのこが何かを おとして行きました。
「おりょ、なんだろう?」
                       (金)

posted by ぶんこ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度