2011年09月07日

2011.9.7 4年生

100620_1227~02.JPG
「ぜつぼうの濁点」
 原田宗典・作 柚木沙弥郎・絵
 (教育画劇 2006)

昔むかしあるところに
言葉の世界がありまして
その真ん中におだやかな
ひらがなの国がありました。……

その国で、主の「ぜつぼう」の「せ」の字について忠実に仕えてきた濁点は、
主の不幸は自分のせいではないかと思うようになります。
悩んだあげく濁点は、主に頼みこみ、自分を「や」行の町の道ばたに
すててもらうのですが…

(学校図書館に所蔵あり E-ゆ)

(2年2組には、「シュシナーナとサバリコビレ」小林裕児・絵 松居友・文
 ベネッセコーポレーション 1990 を読みました)

                       (下)

posted by ぶんこ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度