2012年01月30日

2012.1.27 2年生

120117_1314~01.JPG
「おなかのかわ」〈特製版〉
 瀬田貞二・再話 村山知義・絵
 (福音館書店 1977)

ねことおうむは、おたがいにごちそうに
よびあうことにしました。
けちんぼのねこは、おうむの用意した
大ごちそうを、おうむの分まで平らげて、
まだ足りないとおうむをひとのみ。
それをとがめたおばあさんや、ロバに馬方、はては王さまの行列まで、
つぎつぎぺろりごくんとまるのみにしてしまいます。
のまれてしまった人や動物は、いったいどうなったでしょう?
ねこのほうは?

瀬田貞二の名訳が楽しい昔話。遠目のきく絵も魅力的です。

なお本書は、1958年「こどものとも」32号(鈴木三重吉・訳 村山知義・画)
として出版され、その後改訂版が1975年に月刊「こどものとも年中向き」
(ペーパーバック)として出版されました。
1977年にはハードカバーの「特製版」として刊行。
今回読んだのは、2009年刊行の特製版第14刷です。
                            (下)

posted by ぶんこ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012年01月17日

2012.1.17 1年生

120117_1314~01.JPG
「おなかのかわ」〈特製版〉
 瀬田貞二・再話 村山知義・絵
 (福音館書店 1977)

ねことおうむは、おたがいにごちそうに
よびあうことにしました。
けちんぼのねこは、おうむの用意した
大ごちそうを、おうむの分まで平らげて、
まだ足りないとおうむをひとのみ。
それをとがめたおばあさんや、ロバに馬方、はては王さまの行列まで、
つぎつぎぺろりごくんとまるのみにしてしまいます。
のまれてしまった人や動物は、いったいどうなったでしょう?
ねこのほうは?

瀬田貞二の名訳が楽しい昔話。遠目のきく絵も魅力的です。

なお本書は、1958年「こどものとも」32号(鈴木三重吉・訳 村山知義・画)
として出版され、その後改訂版が1975年に月刊「こどものとも年中向き」
(ペーパーバック)として出版されました。
1977年にはハードカバーの「特製版」として刊行。
今回読んだのは、2009年刊行の特製版第14刷です。
                            (下)

posted by ぶんこ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012年01月12日

2012.1.12 3年生

ブックトーク テーマ「音楽」

「もぐらのバイオリン」
 デイビット・マクフェイル:作
 野中ともそ:訳
 ポプラ社2006年(Eま)








「メロンのメロディー」
 山下明生:作
 渡辺洋二:絵
 理論社1996年









「コカリナの海」〜小さな木の笛の物語〜
 鈴木ゆき江:作
 小泉るみ子:絵
 ひくまの出版1998年(913す)







「リサイクル楽器を楽しもう」1〜4
 上畑美佐江:作
 高村忠範:絵
 汐文社2002年(750う)








「おじいちゃんの口笛」
 ウルフ・スタルク:作
 アンナ・ヘグルンド:絵
 菱木晃子:訳
 ホルプ出版(949す)






                              (石)
posted by ぶんこ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度