2012年06月22日

2012.6.22 2年生

2012062210040000.jpg
「あまやどり」
 久保秀一:写真 七尾純:文
 (偕成社2002)

雨が降りはじめました。
かたつむりは、おさんぽに出掛けました。
でも、ちょうちょもは、とんぼもあまやどり…
かたつむりは、「あまやどりってなんだろう?」と考えました。
                       (石)
posted by ぶんこ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年06月21日

2012.6.21 3年生

51JBN4NNC6L._SL500_AA300_.jpg
「しずくのぼうけん」
 マリア・テルリコフスカ・作
 ボフダン・ブテンコ・絵
 (福音館書店 1969)

村のおばさんのバケツから、
ぴしゃんとしずくは旅にでた。
おひさまに照らされ、水蒸気になって、
雲になって、雨になって、氷になって…。

しずくの冒険を通して、水の性質を解説する絵本です。
                      (すず)
posted by ぶんこ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.6.21 3年生

111215_1446~02.jpg
「このよで いちばん はやいのは」(かがくのとも絵本)
 ロバート・フローマン原作
 天野祐吉・翻案 あべ弘士・絵
 (福音館書店 2011)

ウサギはカメよりはやい。カモシカはウサギよりはやい。
チータはカモシカよりはやい。が、マグロの仲間の
バショウカジキはチータよりはやくおよぎ、
ハリオアマツバメはバショウカジキよりはやくとぶ。
しんかんせんやジェットりょかくき、おと、ちきゅうがまわっているはやさなど、
よりはやいものが次々登場する。
このよでいちばんはやいのは、いったいなんだろう?
                            (下)

posted by ぶんこ at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年06月18日

2012.6.18 4年生

51JBN4NNC6L._SL500_AA300_.jpg
「しずくのぼうけん」
 マリア・テルリコフスカ・作
 ボフダン・ブテンコ・絵
 (福音館書店 1969)

村のおばさんのバケツから、
ぴしゃんとしずくは旅にでた。
おひさまに照らされ、水蒸気になって、
雲になって、雨になって、氷になって…。

しずくの冒険を通して、水の性質を解説する絵本です。
                      (すず)

posted by ぶんこ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.6.18 4年生

2012061809320000.jpg
「くわずにょうぼう」
 稲田和子:再話
 赤羽末吉:画
 (福音館書店.1980)

とんとん むかし よくばり男が
「めしは食わないで、よく働く嫁さんが欲しい」と
思っていた。
ある日、美しい娘が嫁に来てくれたんだが…
                        (石)

posted by ぶんこ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年06月12日

2012.6.12 1年生

110715_0908~01.jpg
「かみなり  狂言えほん」
 内田麟太郎・文 よしながこうたく・絵
 (ポプラ社 2008)

やぶいしゃがみやこ落ちして、ひがしをめざして
のはらをあるいていると、めのまえに、
かみなりがおちてきました。
こしをいためたかみなりは、いしゃにちりょうせい
というのですが…

狂言『神鳴』にもとづいた絵本。
                      (下)
posted by ぶんこ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012 6.12 1年生

DSC_0503.JPG
「うちゅうひこうしになりたいな」
 作 バイロン.バートン
 訳 ふじた ちえ
 発行 インターコミュニケーション

うちゅうひこうしになりたい
これがなかまだ
スペースシャトルにのって
うちゅうめざして とんでいくんだ
・・・  
                  (徳)
posted by ぶんこ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度