2012年09月26日

2012.9.26 4年生(全クラス合同ミニお話し会)

111005_1554~010001.jpg
「パイがいっぱい」
 和田誠・作 (文化出版局 2002)
より、 "どうぶつしりとり"

るすばんしてるねこ → ねころんでいるいのしし
 → ししゅうしてるぶた…と、
いろいろな動物が出てくるしりとりなど、様々な趣向の言葉遊びの詩がいっぱい!
パネルシアター仕立てにしました。
                         (下)
posted by ぶんこ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.9.26 4年生(全クラス合同ミニお話し会)

111005_1555~010001.jpg
「あるのかな」(大型本)
  織田道代・作 飯野和好・絵
 (すずき出版 2007)

みみずに みみは あるのかな
おおかみに かみのけ あるのかな
あめだまに めだまは あるのかな…

ことばの中にことばを探す楽しさ…子どもたちは「だじゃれだー」と喜びます。

                         (石)
posted by ぶんこ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.9.26 4年生(全クラス合同ミニお話し会)

100620_1227~020001.jpg
「ぜつぼうの濁点」
  原田宗典・作 柚木沙弥郎・絵
 (教育画劇 2006)

昔むかしあるところに
言葉の世界がありまして
その真ん中におだやかな
ひらがなの国がありました。…

「ぜつぼう」の「せ」の字にくっついて長年仕えた濁点が、
自ら捨てられて、「きぼう」の濁点になるまでのお話。
高学年向き絵本の代表とも言える作品で、声に出して
読むのにぴったりの文体です。

(学校図書館に所蔵あり E-ゆ)
(下)
posted by ぶんこ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.9.26 4年生(全クラス合同ミニお話し会)

CA3K00420001.jpg
「かさぶたってどんなぶた
(絵本 かがやけ詩 あそぶことば)」
 小池昌代・編 スズキコージ・画
 (あかね書房 2007)より"わかれのことば"

にほんじんなら さよなら
あめりかじんなら グッバイ
ほうちょうやさんなら では


ことばを楽しめる18の詩をおさめたアンソロジーから、
"わかれのことば"をおはなし会の最後に。
                         (石・下)
posted by ぶんこ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.9.27 3年生

DSC_0697.JPG
「おじいちゃんがおばけになったわけ」
 キム・フォップス オーカソン 文
 エヴァ・エリクソン 絵
 菱木晃子 訳
 あすなろ書房 2005.6〜

あるところに、エリックというおとこのこがいました。
エリックは、おじいちゃんがだいすきでした。
じいじと、よんでいました。
でも、じいじは、もういません。
しんぞうほっさで、みちでたおれて、しんでしまったのです。
・・・・・。     
                         (徳)

posted by ぶんこ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度