2013年05月29日

2013.5.29 4年生

110122_1505~02.jpg
「ふつうのくま」
 佐野洋子/作
 (講談社 1994 初出は文化出版局 1984)

くまと、その床下にすんでいるねずみは、
なかのいい友だちどうしです。
ねずみは、春の風にふかれながらチーズをたべると、
いまのいまが いちばんしあわせだと思います。
けれどもくまは、はちみつやドーナツをいくら食べても、
さびしいのです。
それは、おじいさんのおじいさんの おじいさんのおじいさんが空をとんだという、
あかいじゅうたんのせいでした。
くまはじぶんもとびたいのですが、なかなか決心がつきません。
が、とうとうある朝、心配してとめようとするねずみをおいて、くまは山をのぼりはじめます…

学校図書館に所蔵あり 913-さ
                            (下)

posted by ぶんこ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.5.29 4年生

NEC_0145.JPG
「とんでいく」こどものとも
 風木一人:作  岡崎立:絵
 (福音館・2008年)

一匹の鳥が、タカにもガンの子にも見えます。
絵本の前から読んだらタカの話、後ろから読んだら
ガンの子の話になる仕掛け絵本です。
                         (石)

posted by ぶんこ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年05月28日

2013.5.28 1年生

DSC_0038.jpg
「ねえ、どれがいい?」
 ジョンバーミンガム 作
 まつおかまゆみ 訳
 評論社 1983年出版

もしもだよ、きみんちのまわりがかわるとしたら、
大水と、大雪と、ジャングルと、ねえ、どれがいい?
ワクワクして迷っちゃうような「どれがいい?」がたくさん!
ねえ、どれがいい?
                        (佐)

posted by ぶんこ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.5.28 1年生

DSC_0013.JPG
「ボヨーン・ボヨーンだいおうのおはなし」
 ヘルメ・ハイネ 作  ふしみ みさお 訳
 朔北社 2006・4月 出版

王さまは国の問題が気になり夜も眠れません。
ある晩どうしても眠れなかった王さまは、ベットの柱によじ登り
勢いよく飛び降りたのです。
ボヨーン・バヨーン・ボヨヨーン・
バヨヨーン♪
                         (太)

posted by ぶんこ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年05月27日

2013.5.27 2年生

NCM_0020.JPG
「まるまるまるのほん」
 エルヴェ・テュレ:作  谷川俊太郎:訳
 (ポプラ社・2010年)

絵本のページが、タッチパネルになってるよ!
おして、こすって、かたむけて…
                        (石)

posted by ぶんこ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.5.27 2年生

DSC_0013.JPG
「ボヨーン・ボヨーンだいおうのおはなし」
 ヘルメ・ハイネ 作  ふしみ みさお 訳
 朔北社 2006・4月 出版

王さまは国の問題が気になり夜も眠れません。
ある晩どうしても眠れなかった王さまは、ベットの柱によじ登り
勢いよく飛び降りたのです。
ボヨーン・バヨーン・ボヨヨーン・
バヨヨーン♪
                         (太)


posted by ぶんこ at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年05月22日

2013.5.22 3年生

DSC_0013.JPG
「ボヨーン・ボヨーンだいおうのおはなし」
 ヘルメ・ハイネ 作  ふしみ みさお 訳
 朔北社 2006・4月 出版

王さまが夜こっそりとベットの上で飛び跳ねて、
つらい悩みをきれいさっぱり忘れ次の日もがんばれていたのですが・・。
「ボヨーンボヨーン .」音読にするとってもたのしい気分に!

コラージュも素敵な絵本です。
                         (太)

posted by ぶんこ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.5.22 3年生

CA3K004200010001.jpg
「かさぶたって どんなぶた (絵本 かがやけ詩 あそぶことば)」
 小池昌代/編 スズキコージ/画
 (あかね書房 2007)

「絵本 かがやけ詩」シリーズの一冊で、
16人の手になる18編の詩を集めた、子どものためのアンソロジー。
おならうた(谷川俊太郎)、お経(阪田寛夫)、
おにいちゃん おにになった(岸田衿子)など、
ことばの楽しさを満喫できる詩がいっぱいです。
読み聞かせのあと、改めて本を見たがる子が何人も!
コラージュの手法を使ったスズキコージの絵も人気でした。
                       (下)

posted by ぶんこ at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度