2013年09月25日

2013.9.25 4年生

ML_CA3K01530001.jpg
「あたまにつまった石ころが」
 キャロル・オーティス・ハースト/文
 ジェイムズ・スティーブンソン/絵
 千葉茂樹/訳
 (光村教育出版 2002)

著者ハーストさんの父が主人公の、ノンフィクション。
石が大好きな彼は、みんなに「あいつのあたまには、
石ころがつまってる」と言われながらも、石を集め続け、
本もたくさん読みます。
ガソリンスタンドを始め、大衆車のT型フォードが売り出されるや、
その修理に熟練して、給油や修理で繁盛します。
が、大恐慌がやってきて、仕事を失い、家も引っ越し、仕事さがしに追われます。
しかし、その間も石の収集と研究をやめることはありませんでした。
そんなある日、石を見に通っている科学博物館で、思いがけない出会いが…
                          (下)

posted by ぶんこ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.9.25 4年生

NCM_0082.JPG
「ときめきのへや」
 セルジオ・リッツィア:作
 福本友美子:訳
 (講談社2013)

モリネズミのピウスは、いろいろな物を集めるのが大好きです。
その中でも一番大切にしていたのは、灰色の石ころだったのですが…
                        (石)


posted by ぶんこ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年09月19日

2013.9.19 3年生

DSC_0034.jpg
「のっぺらぼう」
 杉山 亮 作
 軽部 武彦 絵
 ポプラ社 2010年出版

「山に行って、たきぎをとってきておくれ。
 でもそれがすんだら、すぐに帰ってくるんだよ。
 山は暗くなると、こわいものが出るからね。」
母親に言われたことをきれいにわすれ、すっかり帰りが
おそくなってしまったおとこのこ。
あわてて山をおりる、そのとちゅうで出会ったのは…。
                        (佐)

posted by ぶんこ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.9.19 3年生

DSC_0811.JPG
たくさんのふしぎ 「生きる」
 谷川俊太郎 詩
 岡本よしろう 絵
 福音館書店 342号 2013.9.1発行

生きているということ
いま生きているということ
それは のどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ

・・・詩に、挿し絵がついています。
                     (徳)

posted by ぶんこ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.9.19 3年生

DSC_0810.JPG
「ちきゅう」
 G ブライアン さく ・え
 庄司太一 やく
 偕成社2007〜

ちきゅう。
この おおきな 
のりものに のって、
ぼくたちは うちゅうを 
たびしている。
・・・
うちゅうとちきゅうのしくみを
えがく えほん。
                        (徳)



posted by ぶんこ at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年09月17日

2013.9.17 1年生

NCM_0079.JPG
「パパ、おつきさまとって!」
 (偕成社・1986年)所蔵あり
 エリック・カール:さく
 もりひさし:やく

モニカが「パパ、おつきさまとって!」と言うと、
パパは長いはしごを持ってきて…
                     (石)

posted by ぶんこ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年09月13日

2013.9.13 2年生

1379039159065.jpg
『かかしのじいさん』
 深山 さくら 文  黒井 健 絵
 佼成出版社 (2009年12月10日)

きむずかしい、かかしのじいさん。
すずめ を 追い払 うことがしごと。
でも、じゃまでしかたがなかったすずめと、ふれ合ううちに、
かかしのじいさんにめばえた感情
初めて知る相手を思う気持ち・・・。
あたたかい気持ちにあふれた絵本です。
                       (太)

posted by ぶんこ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.9.13 2年生

CA3K01190001.jpg
「綱渡りの男」
 モーディカイ・ガースティン/作 川本 三郎/訳
 (小峰書店 2005)

むかし、ニューヨークで一番高い2棟のビルの間に綱を張って、
綱渡りをした若い大道芸人がいた。
完成間近のビルに忍び込み、夜陰に乗じて綱を張り渡し、
朝になってから、地上400メートルの空中に一歩を踏み出す…

同時多発テロで失われたツインタワービルが舞台の、
実話に基づいた絵本。
2年生は、このビルがなくなった理由を知らないので、
『消防艇ハーヴィー ニューヨークをまもる』(所蔵あり E-カ)を紹介しておきました。
 
(学校図書館に所蔵あり  E-ガ)
                        (下)
posted by ぶんこ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度