2014年01月29日

2014年1月29日 3年生

1390986541328.jpg「十二支のはやくちことばえほん」

高畠 純 作・絵
2008年 教育画劇出版

十二支でおなじみの動物達が、
早口言葉で大活躍!

でもなぜか、十二支なのに豚が・・!?

ぶたがぶたをぶったら
ぶたれたぶたが
ぶったぶたをぶったので
ぶったぶたと
ぶたれたぶたが
ぶったおれた

(太)
posted by ぶんこ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014.1.29 3年生

CA3K0179.jpg「あなのはなし」
(『おはなしのろうそく 4』東京子ども図書館/編 より)
ミラン・マラリーク/作 間崎ルリ子/訳
(東京子ども図書館 1975)

くつしたにあいたあなは、どんどん大きくなって、すっかりくつしたをのみこんだあげく、ぶらりと旅に出ます。道々、ドーナツ、かえる、つばめ、ひつじと、仲間が増えますが、一晩泊まった森の小屋で、みんなおおかみにのみこまれてしまいます。ところが、おおかみがあなをのみこんだとたん…

ストーリーテリングでよく取り上げられる話です。繰り返しが楽しく、ちょっとシュールな展開も魅力。語り初挑戦でやってみました。

  (下)
posted by ぶんこ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年01月28日

2014年1月1年生

NCM_0106.JPG「風の神と子ども」かたり
福音館書店1995・日本の昔話Cより・小澤俊夫著
いたずらものの南風が、子どもたちを、栗や柿や梨がたくさんあるところに、風に乗せて連れていきます。ところが南風が、子どもたちをおいてきぼりにしてしまったので…
(石)
posted by ぶんこ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年01月27日

2014年1月20日 4年生

DSC_0069.jpg「注文の多い料理店」

宮沢賢治原作
ミキハウス出版
1987年出版

鹿狩りにきた二人の紳士、迷いこんだ山奥で、西洋料理店「山猫軒」を見つけた。お腹がすいていたので、中に入ると「当軒は注文の多い料理店ですからどうかそこはご承知ください」の文字が。「どうか帽子と外套と靴をおとりください。」「壺のなかのクリームを顔や手足にすっかり塗ってください。」などと書かれた扉をどんどん進んでいくとそこは…。

(佐村)

posted by ぶんこ at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年01月20日

2014*1*20 4年生

1390228505466.jpg「十二支のはやくちことばえほん」

高畠 純 作・絵
2008年教育画劇出版

十二支でおなじみの動物達が、
早口言葉の中でも大活躍!
ユーモラスなセンス溢れるイラストで
愉快で楽しい絵本です。
でも、十二支の中になぜか豚が・・?!

ぶたがぶたをぶったら
ぶたれたぶたが
ぶったぶたをぶったので
ぶったぶたと
ぶたれたぶたが
ぶったおれた

(太)
posted by ぶんこ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年01月14日

2014.1.14 2年生

DSC_0978.jpg
「どろんこ こぶた」
 アーノルド. ローベル作
 岸田衿子訳
 文化出版局 ミセスのこどもの本 1969〜

こぶたは、おひゃくしょうさんの うちの、
ぶたごやに すんでいました。
こぶたは、たべるのが だいすき、
うらにわを かけまわるのも だいすき、
ねむる ことも、だいすきでした。
でも、なによりも
なによりも すきなのは、やわらかーい どろんこの なかに、
すわったまま、しずんでゆく ことでした。
                         (徳)

posted by ぶんこ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014.1.14 2年生

CA3K0113.jpg
「ひともじえほん(こどものとも 668号)」
 こんどう りょうへい/さく
 かきのきはら まさひろ/こうせい
 やまもと なおあき/しゃしん 
 しゅつえん・コンドルズ
 (福音館書店 2011)

からだでもじをつくってみよう どんなもじができるかな?

ダンスグループ・コンドルズのメンバーが江戸時代みたいな浴衣を着て、
体でひらがなを作ってみせてくれます。
リズム感の良い文章がついているので、読み聞かせ向き。

2年生は1年生みたいに、てんでに立ち上がって、
やってみようとするということはありませんが、喜んでくれたようです。
なお、2011年刊の『こどものとも』なので、この年齢の子が相手だと、
「それ保育園(幼稚園)で貰ったから知ってる!」という声があがるかも。
                        (下)

posted by ぶんこ at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度