2016年12月08日

2016.12.8 4年生

161208_1823~03.jpg
「虎落笛」
 富安陽子/作
 梶山俊夫/絵
 (あかね書房 2002)

冬の風のつよい日、子どもがひとり、
凧をあげようと原っぱにきます。
広い原っぱでは、枯れ草が波のように荒れ狂っていましたが、
その向こうから声が聞こえます―
きょうの虎ぁでぇかいぞう。

子どもはおそろしくなってあたりを見回しますが・・・
                         (下)

posted by ぶんこ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016(H28)年度

2016.12.8 4年生

FullSizeR.jpg
『あんもち みっつ』
 日本民話紙芝居選
 脚本、水谷省三
 絵、宮本忠夫

おとなりから、あんもちをみっつもらった
じい様とばあ様、ひとつずつ食べましたが、
残りひとつを・・・。

                        (太)

posted by ぶんこ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016(H28)年度