2017年02月13日

2017.2.13 2年生

「あなのはなし」
 (『おはなしのろうそく 4』東京子ども図書館/編 より)
 ミラン・マラリーク/作 間崎ルリ子/訳
 (東京子ども図書館 1975)

くつしたにあいたあなは、どんどん大きくなって、
すっかりくつしたをのみこんでしまいました。
それからあなは、ぶらりと旅に出ます。
道々、ドーナツ、かえる、つばめ、ひつじと、仲間が増えますが、
一晩泊まった森の小屋で、みんなおおかみにのみこまれてしまいます。
ところが、おおかみがあなをのみこんだとたん・・・

ストーリーテリングでよく取り上げられる話なので語りで。

なお、同じテキストで絵本版もあります。
「あなのはなし」
ミラン・マラリーク/さく 間崎ルリ子/やく 二見正直/え
(偕成社 2014)
                    (下)
posted by ぶんこ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016(H28)年度

2017.2.13 2年生

DSC_0128.JPG
「ゆうかんなヒツジかい」
 デビ・グリオリ:さく
 山口文生:やく
 (評論社 2000年)

ある嵐の夜、
牧羊犬のベスが夜になっても帰ってきません・・・

                        (石)

posted by ぶんこ at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016(H28)年度