2018年02月19日

2018.2.19 4年生

CA3K0802.jpg「眠れなくなる宇宙のはなし (絵本)」
佐藤勝彦/作 長崎訓子/絵
(講談社 2016)

宇宙のほんとうのすがたとは?むかしの人は宇宙について、どう考えていたのかな?

天文学史と、科学の力で明らかになった宇宙のありさまとを、わかりやすく語る絵本です。これ1冊で、宇宙が丸わかり!!

この本は、宝島社から出ている大人向きの「眠れなくなる宇宙のはなし 増補改訂版」を元にしたものです。興味のあるかたはそちらもどうぞ。

(下)
posted by ぶんこ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年2月4年

DSC_0382.JPG「わたり鳥」フォトかみしばい

七尾純・構成/文
柿澤亮三・監修
(あかね書房 1993)
渡り鳥は何のために日本にやってくるのだろう?冬鳥と夏鳥では、目的はちがいます。その様子を見てみましょう。
(石)
posted by ぶんこ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年02月17日

2018.2.16 1年生

image2.jpeg
「さむがりやのねこ」
作、絵 わたなべ ゆういち
フレーベル館 *全国学校図書館協議会選定図書
発行 1984〜
さむがりやのねこ ねこがいました。
ふゆのきらいな ねこは、あるひ、みなみのくにへ むかって あるきだしました。‥ (徳)
posted by ぶんこ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年02月15日

2018.2.15 3年生

CA3K0801.jpg「しんぞうとひげ―アフリカの民話」
しまおか ゆみこ/再話 モハメッド・チャリンダ/絵
(ポプラ社 2015)

しんぞうとひげは、どちらもびんぼうで、いつもはらぺこ。
みずだけでなにもたべられずすごした21にちのあと、ばったりであったしんぞうを、ひげはくおうとします。びっくりしたしんぞうは、にんげんのおとこのからだのなかに、かくまってもらおうとしますが…

奇想天外なタンザニアの民話に、ティンガティンガアートと呼ばれる色鮮やかな絵がつけられています。タンザニアの動植物やキリマンジャロ山、身の回りの道具なども描きこまれていて、楽しめます。

(下)
posted by ぶんこ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年2月15日 3年生

image1.jpeg『雪の上のなぞのあしあと』

あべ 弘士 さく
1989年 福音館書店
かがくのとも傑作集

動物園の飼育員がある
ふゆの夜におこった、
ふしぎな事件の事を
ちょっとミステリアスタッチに
その出来事を話していくと、、、
なぞのあしあとの正体が!!

(太)
posted by ぶんこ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年02月13日

2018年2月13日 2年生

DSC_0780.JPG
「きこえる きこえる ふゆのおと」

マーガレット・ワイズ・ブラウン 作
チャールズ・G・ショー 絵
よしがみきょうた 訳

小峰書店 
1998年3月

木のはがかぜにちり、
ちょうちょうが さよならと とんでった、つめたいふゆ。
こいぬのマフィンは 耳を ぴんとたてました。

ふゆの音が きこえるかな?

(亀)

posted by ぶんこ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018.2.13 2年生

CA3K0798.jpg「チョウのふゆごし(かがくのとも 2018年2月号)」
井上大成/ぶん 松山円香/え
(福音館書店 2018)

春や夏には飛び回っているのが珍しくない、いろいろなチョウ。どうやって冬越しをしているのでしょうか?
実は、種類によって様々な姿で冬を越しているのです。中には、成虫のまま何も食べないで冬をやり過ごすものも。
この絵本を読むと、大人でもびっくりすること請け合いです。

(下)
posted by ぶんこ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度