2018年06月21日

2018.6.21 3年生

CA3K0896.jpg
「めちゃくちゃ はずかしかった こと」
 リュドヴィック・フラマン/文
 エマニュエル・エカウト/絵
 ふしみ みさを/訳
 (あすなろ書房 2007)

ふとおもいだすと、キャッといいたくなるくらい
はずかしいことって ない?

とびばこをとんだしゅんかん、
プッとおならがでちゃったり、
ともだちのまえで あかちゃんのときの あだなで
よばれたり…

だれにでも覚えのある経験を、しゃれた筆致で描いた絵本。
著者たちはベルギーの人です。

残念ながら、現在品切れの本なので、図書館でご覧下さい。

                       (下)

posted by ぶんこ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.6.21 3年生

IMG_20170706_180608.JPG
「うえきばちです」
 川端 誠 作
 (BL出版 2007年)

うえきばちがあったので
つちをいれて
のっぺらぼうをうえました。
まいにちみずをやっていたら…

                           (佐)

posted by ぶんこ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年06月18日

2018.6.18 4年生

CA3K0893.jpg
「龍」
 今江 祥智/文
 田島 征三/絵
 (BL出版 2004)

雲を呼び竜巻も起こせる龍なのに、
龍の子三太郎は、ほんとに気が弱い。
人に見られないように、
いつも沼の底にとぐろをまいてかくれていたが、
ある晩とうとう人に出会ってしまって…

                         (下)

posted by ぶんこ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.6.18 4年生

DSC_0033.JPG
「ジムとまめの木」
 レイモンド・ブリッグズ 作
 矢川澄子 訳
 (評論社 1978年)

あるあさ、ジムが目をさましてみると、
どこまでものびている木がはえていた。
のぼりきると、
そこにはよぼよぼの大男のじいさんがいて、
むかし、ジャックというこぞうがいえの金品を
ぬすんでいって、それからいいことなどひとつもない、
おいぼれてしまった、とはなした。

ジムはそんな大男に、まずは、めがねをつくってあげることにした。
さてどうなることでしょう…。

                          (佐)

posted by ぶんこ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年06月12日

2018.6.12 2年生

image1.jpeg
『あめふり うります』
 平田昌広 文
 野村 たかあき 原案・絵
 講談社 2014年5月 発行
 小学校所蔵あり Eの

「ひがーしの はたけに あめ ザンザン」
そういうと、かおを ごしごしー
なにをするのも めんどくさがりのぐうたらねこ、
ねこきちが、なにやら
おかしな しょうばいを はじめました。

                          (太)

posted by ぶんこ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.6.12 2年生

image1.jpeg
「とんでもない」
 鈴木のりたけ 作
 アリス館 2016.2〜

ぼくは さいの よろいのような
りっぱな かわが うらやましい

でも じつは さいは うさぎが
うらやましくて‥

どうぶつたちの なやみとは?

                        (徳)

posted by ぶんこ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年06月08日

2018.6.8 1年生

_20180610_092314.JPG
「ろくべえ まってろよ」
 灰谷健次郎・作
 長  新太・絵
 (文研出版 1975年)

きょゅーん わんわん
ろくべえが、あなに おちているのを、
さいしょに みつけたのは、えいじくんです…

さて、みんなは ろくべえを ぶじにたすけられるかな!?

                          (かめ)

posted by ぶんこ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.6.8 1年生

_20180608_224723.JPG
「かいぶつになっちゃった」
 木村泰子 作・絵
 (ポプラ社 2013年)

もりのおくに おそろしい かいぶつがすむといわれる
ふるいやしきがあった。
あるとき ことりが そのやしきにまよいこみ…
にげた ことりは みんなに どんなにおそろしい
かいぶつかをはなした…

するとみんなは
「そうだ。みんなでかたぐるまして おおきくなろう。」
「かいぶつがこわがるくらいに おおきくなろう。」と…

                      (わだ)

posted by ぶんこ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度