2018年12月20日

2018.12.20 3年生

IMG_20181220_131503.JPG
「王様と九人のきょうだい」
 赤羽末吉 絵
 君島久子 訳
 (岩波書店1969年)

ある村に、かおも、からだつきも、
そっくりの九人のきょうだいがいました。

悪い王さまのめいれいに、さあ、
きょうだいたちはどうなることでしょう。

                     (佐)


posted by ぶんこ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.12.20 3年生

IMG_0042.JPG

「日本のむかしばなし」より ゛年こしのたき火゛
 瀬田貞二 /文 瀬川康男・梶山俊夫/絵
 (のら書房 1998)


この本は、花さかじい、えすがたあねさんなどの
13編の日本の昔話を、優れた文体で再話したもので、
読み聞かせ、語りに向いています。
12月なので、大晦日の話である
「年こしのたき火」を語ってみました。

 (学校図書館に所蔵あり 913-せ)

                     (下)


posted by ぶんこ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年12月07日

2018.12.7 1年生

DSC_0607.JPG
「ちいさなおうさま」
 三浦太郎:作
 (偕成社 2810)

ちいさなおうさまは いつも ひとりぼっちで
おおきなベッドで ねむっていました。
さみしくて よくねむれたことがありません。

所蔵あり
                      (石)


posted by ぶんこ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.12.7 1年生

image1.jpeg
紙芝居 「たべられた やまんば」
 松谷みよ子 作 二俣栄五郎 画
 童心社

山寺の小僧が栗を拾っていると、
おばあさんがでてきて、
今晩、あそびにこいと誘います。
それは山んばだから やめておけと、おしょうさんにとめられましたが、
どうしてもいってみたくなって、小僧は出かけました・・・
                     (徳)

posted by ぶんこ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年12月04日

2018.12.4 2年生

DSC_0663.JPG
「ぜったいいぬをかうからね」
 ローレン・チャイルド 作
 小坂 涼 訳
 フレーベル館(2018年3月)

ぼく(チャーリー)の いもうと ローラは、
まだ、ちいさくて、てがかかるやつなんだ。
さいきんは いぬに むちゅうで、いぬの はなしばかり。
でも いぬを かうなんて、ママとパパが
ぜったい ゆるしてくれない。
それなのに いもうとは なんて いったとおもう?

「ぜったい いぬを かうからね!」
いったいどうする つもりなんだろう…

さてさて、どうなるのかな?
                      (亀)


posted by ぶんこ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年12月03日

2018.12.3 4年生

CA3K09850001.jpg
「八方にらみねこ」
 武田英子/文 清水耕蔵/絵
 (講談社 1981)

小さなねこのみけは、
じさまばさまの大事なおかいこさまを、
ねずみからまもることもできない。
おくやまに住むやまねこさまに
八方にらみのじゅつを習って、ねずみを退治しようと、みけはこころをきめた。
やまねこさまのもとで、みけは長いことかかって、きびしい修行をする。
はたしてみけは、八方にらみができるようになるのか?

                        (下)


posted by ぶんこ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.12.3 4年生

IMG_20181203_164105.JPG
「しにがみさん」
 野村たかあき 作
 (教育画劇2004年)

おかねにこまったおとこが、
しにがみにいわれていしゃをはじめた。
おかねもちのむすめをげんきにしたのはよいが、
しにがみにあるところへつれていかれて……

                    (佐)


posted by ぶんこ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度