2019年12月06日

2019年12月6日 1年生

_20191206_131429.JPG
「パンケーキをたべるサイ なんていない?」
ぶん アンナ・ケンプ
え     サラ・オギルヴィー
やく かどの えいこ
BL出版(2011年12月)

ねえ、おかあさんやおとうさんが、ちっともはなしをきいてくれない、って おもったこと ない?
ある?それなら、デイジーとおなじね。

これは、そんなデイジーのおはなしです。

(かめ)

posted by ぶんこ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年12月1年生

DSC_0873.JPG「たのしい ふゆごもり」
片山令子:作
片山健:絵
(福音館書店 1991)
熊の親子は、木の実や魚を取って 冬ごもりの準備をします。
(蔵書あり)
(石)
posted by ぶんこ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年12月05日

2019年12月5日 3年生

_20191205_133225.JPG
「ありがたいこってす!」
〜ユダヤの民話から〜
さく マーゴット・ツェマック
やく わたなべ しげお
童話館出版 (1994年11月)

むかし ある小さな村に まずしい不幸な男が、母親と おかみさんと 6にんのこどもたちと いっしょに、ひとへやしかない 小さな家に すんでいた。
家の中があんまりせまいので、男とおかみさんは いいあらそいばかり。冬になると、ひるまはさむいし 夜はながいし、くらしは ますます みじめになった。そこで男は…

はたして、どうするのか!?

(亀)


posted by ぶんこ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019.12.5 3年生

IMG_0773.JPG「スウェーデンの変身する家具」 (たくさんのふしぎ 405号)
深井せつ子/文・絵
(福音館書店 2018)

スウェーデンはとても寒くて、広大な森を持つ国。
森の松や白樺の木を使って、小さい家を建てて住んできました。家は小 さい方が暖かいし、森の木が身近な材料だったからです。
狭い部屋で快適に暮らすため、工夫を凝らして、色々に使える家具を作りました。
窓台がテーブルになったり、テーブルが椅子になったり、椅子が踏み台になったり…。
きれいな箱型のベッドは、外側や内側にテーブルや棚がついたりしているので、暖かいだけでなくとても便利!
スウェーデンの人たちは今も、森と家の手入れが大好きです。北欧の家具は日本でも人気ですが、こんな伝統があったのですね。

(下)
posted by ぶんこ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年12月03日

2019年12月 2 日 4年生

image1.jpeg


落語絵本「ときそば」

川端 誠 作/絵

2008年 クレヨンハウス

小学校所蔵 Eか

江戸時代 、
真夜中のそば屋で起こる
愉快な落語話

(太)


posted by ぶんこ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年12月02日

2019年12月4年生

DSC_0872.JPG「ちくわのわ―さん」
岡田よしたか:さく
(ブロンズ新社 2011)
ぴゅうぴゅうと口笛ふきながら
ちくわのわーさん歩いていきます。
(石)
posted by ぶんこ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度