2014年12月12日

2014.12.12 2年生

CA3K0280.jpg
「日本民話選」
 木下順二/作
 (岩波書店 1990)
 より、"かにむかし−さるかに−" 

昔々、かにが汐汲みをしようと思うて
浜辺へ出たところが、どこからどうしてきたものやら、
砂の上に、一粒の柿の種が落ちておった・・・

お馴染みの昔話ですが、この始まり方でわかるように、よく知られているものとは
違うバージョンです(さるが石臼にぺしゃんこにされる結末は同じですが)。

語りで聞いてもらいましたが、12〜13分かかっても、みんなよく聞いてくれました。
木下順二の文体がいいのかもしれません。

(学校図書館に所蔵あり 388-き)
                                (下)
posted by ぶんこ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106322402
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック