2016年07月14日

2016年7月14日 4年生

IMG_6364.jpg『さらやしきのおきく』
紙芝居
おおわらい落語劇場
桂 文我 脚本
久住 卓也 絵
童心社
蔵書あり

たいせつなお皿を一枚なくしたといって、屋敷の主人によって、井戸に投げ込まれた おきくは
幽霊になりました。
その幽霊を見ようと、見物人まででるようになって、、、。

(太)
posted by ぶんこ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015(H27)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176080662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック