2016年12月08日

2016.12.8 4年生

161208_1823~03.jpg
「虎落笛」
 富安陽子/作
 梶山俊夫/絵
 (あかね書房 2002)

冬の風のつよい日、子どもがひとり、
凧をあげようと原っぱにきます。
広い原っぱでは、枯れ草が波のように荒れ狂っていましたが、
その向こうから声が聞こえます―
きょうの虎ぁでぇかいぞう。

子どもはおそろしくなってあたりを見回しますが・・・
                         (下)

posted by ぶんこ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016(H28)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177973361
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック