2017年12月07日

2017.12.7 3年生

CA3K0746.jpg
「茂吉のねこ」
松谷みよ子/文 辻 司/絵
(ポプラ社 1973)

てっぽう打ちの茂吉は、酒のみで嫁の来手がないので、
小さなみけねこをあいてに暮らしていた。
ある日、見知らぬわらしが茂吉のツケで
酒を買っていくのに出くわし、追いかけて行くと、
大勢の化け物たちが集まる野原に出てしまった…

(学校図書館に所蔵あり E-つ)

                        (下)

posted by ぶんこ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181780471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック