2018年01月22日

2018.1.22 4年生

CA3K0745.jpg「ながいながい骨の旅」
松田素子/文 川上和生/絵 桜木晃彦・群馬県立自然史博物館/監修
(講談社 2017)

今から約43億年〜38億年ほど前、地球に誕生した初めての生物に、骨はありませんでした。やがて時がたち、背骨のある生物が現れ、骨のおかげでさまざまな能力を持つようになっていきます。
骨がたどってきた、ながいながい旅のおはなしを読んでみませんか?
興味を持った人には、より詳しい情報が得られるように工夫された科学絵本です。

(下)
posted by ぶんこ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182207240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック