2018年06月18日

2018年6月 4年生

DSC_0033.JPG「ジムとまめの木」
レイモンド・ブリッグズ 作
矢川澄子 訳

(評論社 1978年)

あるあさ、ジムが目をさましてみると、どこまでものびている木がはえていた。
のぼりきると、そこにはよぼよぼの大男のじいさんがいて、むかし、ジャックというこぞうがいえの金品をぬすんでいって、それからいいことなどひとつもない、おいぼれてしまった、とはなした。

ジムはそんな大男に、まずは、めがねをつくってあげることにした。
さてどうなることでしょう…。


(佐)
posted by ぶんこ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183571948
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック