2018年09月18日

2018.9.18 2年生

CA3K09480001.jpg「ぞくぞく ぞぞぞ きゅーはくの絵本D 化物絵巻」
九州国立博物館/企画・原案
(フレーベル館 2007)

ばけものたちの おとがする すー さや さや さや…

17世紀の狩野派の絵師、狩野宗信が描いた「化物絵巻」(九州国立博物館所蔵)の絵を使って作った絵本。
原作は動物の化け物が次々に出てくる、ストーリーも言葉もない絵巻物ですが、擬音を入れて組み直されて、子どもたちも楽しめる絵本になりました。
巻末に解説と、インタビュー「水木しげる、化物絵巻を語る」つき。

きゅーはくの絵本シリーズは全部で10巻、どれも博物館の所蔵品をもとに作られた、楽しくて興味深いものです。図書館の書架では埋もれがちなので、ぜひ紹介してあげて下さい。

(学校図書館に所蔵あり E−か)

(下)
posted by ぶんこ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184456572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック