2019年07月04日

2019.7.4 3年生

IMG_0590.jpg「じいさまときつね」(日本民話かみしばい選・おばけがいっぱい)
増田尚子/脚本 二俣英五郎/絵
(童心社 1982)

いたずら好きのじいさまは、峠の一本松のそばで、のんびり昼寝をしていたきつねをおどかして面白がる。
ところが用事がすんだ帰りに、またその峠を通りかかると、まだ明るい時間のはずなのに、あたりがみるみる暗くなって…

狐や狸に悪さをして、仕返しに化かされるという民話がもとになっています。怖いシーンもあって、子どもたちに喜ばれます。

(下)
posted by ぶんこ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186230923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック