2019年12月05日

2019.12.5 3年生

IMG_0773.JPG
「スウェーデンの変身する家具」
 (たくさんのふしぎ 405号)
 深井せつ子/文・絵
 (福音館書店 2018)

スウェーデンはとても寒くて、広大な森を持つ国。
森の松や白樺の木を使って、小さい家を建てて
住んできました。
家は小さい方が暖かいし、森の木が身近な材料
だったからです。
狭い部屋で快適に暮らすため、工夫を凝らして、
色々に使える家具を作りました。
窓台がテーブルになったり、テーブルが椅子になったり、
椅子が踏み台になったり…。
きれいな箱型のベッドは、外側や内側にテーブルや棚がついたりしているので、
暖かいだけでなくとても便利!
スウェーデンの人たちは今も、森と家の手入れが大好きです。
北欧の家具は日本でも人気ですが、こんな伝統があったのですね。

                         (下)
posted by ぶんこ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186884439
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック