2020年01月27日

2020.1.27 4年生

_20200127_135838.JPG
「ちゅうごくの 十二支のものがたり」
 甲骨もじ おうよう かりょう
 お話   せき とみこ
 構成   みかみ まさこ
  JULA出版社(2009年12月)

甲骨文字は3000年以上前に
中国で使われていた古代文字。
この文字を使ってみんながよく知っている
「十二支のものがたり」の絵本で
表現されていますよ!
ページに広がる文字、
それぞれ何を表しているかな?
手にとって昔の文字から想像してみて!
               (亀)
posted by ぶんこ at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187088229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック