2004年01月16日

2004.1 3年生


「十二支のはなし」
 内田麟太郎作 山本孝絵 岩崎書店


十二の獣がどうやって順番を決められたか・・・?!
そこには、おかしなかけひきがあって・・・。
                                 (植)



「ぼくはくまのままでいたかったのに」
 イエルク・シュタイナイー作 イエルク・ミュラー絵 ほるぷ出版


冬眠から目を覚ましたくま。
なぜか文明社会の一員となり、働かせるハメに・・・。
                                 (徳)



「島ひき鬼」
 山下明生作 梶山俊夫絵 偕成社


人間と一緒に暮らしたいと
すみかの島をひっぱって、村へやってきた鬼。
でも、人間はこわがってあそんでくれません。
                                 (松)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2003(H15)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30521548

この記事へのトラックバック