2004年02月18日

2004.2 1年生


「てぶくろ」
 エウゲーニー・M・ラチョフ作 うちだりさこ訳 福音館書店


ウクライナの民話。
おじいさんが、かたほう落としていったてぶくろ。
次々に森の動物たちがやってきて、そのてぶくろをすみかにしたいと申し出ます。
                                 (松)



「どろぼうがっこう」
 かこさとし作 偕成社


どろぼうの学校のかわいい生徒たち。
くまさかとらえもん先生から立派などろぼうになるために、いろんなことを教わります。
                                 (徳)




「ねずみのすもう」
 大川悦生作 梅田俊作絵 ほるぷ出版


貧乏なおじいさんの家のやせっぽちなねずみと、長者どんの家のねずみがすもうをとっていた。
貧しいおじいさんは、ねずみたちのすもうを応援して・・・。
遠野地方の言葉でつづる民話。
                                 (和)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2003(H15)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30521553

この記事へのトラックバック