2004年09月16日

2004.9 2年生


「おかえし」
 村山桂子作・織茂恭子絵  福音館書店

あるひ、たぬきのいえのとなりへきつねが引っ越してきました。
きつねは、たぬきのうちへ引越しのあいさつの品物を持ってきました。
たぬきは、きつねに「おかえしのおかえし」を持っていきました。
それでは・・・ときつねは「おかえしのおかえしのおかえし」を持っていきました。
さて、最後はどうなったでしょう。
                               (和)



「たんじょうびのふしぎなてがみ」
 エリック・カール作 もりひさし訳  偕成社

明日はチムの誕生日。
チムはまくらの下からなぞの手紙を見つけました。
暗号のなぞをといていくと・・・。
                               (佐)



「しにがみさん」
 野村たかあき作  教育画劇

しにがみに仕事をもらって医者になった男
とうとう金に目がくらんで自分の命とひきかえに・・・。
ろうそくの火が寿命だという死神
なんと男のろうそくは短くて・・・
                               (石)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30521565

この記事へのトラックバック