2005年09月09日

2005.9 3年生

「さとりくん」
 五味太郎 作 (クレヨンハウス)

さとりくんは生まれつきさとっているとりです。
雪が降っても ちょうちょが飛んでも かみなりがなっても
お日様がギラギラギーンでも
少しもあわてないことりです。
                                (和)


「いつもちこくのおとこのこ」―ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー
 谷川俊太郎 訳 (あかね書房)

ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーは、
おべんきょうしにいそいで でかけますが
マンホールから出てきたワニのせいでちこくしてしまいます。
せんせいはばつとして「もうワニのうそはつきません。てぶくろもなくしません」と
300回かかせますが・・・
                                 (下)


「だんまりこおろぎ」
 エリックカール 作  くどうなおこ訳

ぽかぽかあたたかいあるひ、ぽっこり!
こおろぎぼうやがうまれました。

あいさつしたくて ちいさなはねを こし、こし、こし
でも あらら おとがでないよ うたえない

こおろぎは うたいました。 きれいなこえで・・・。
                                 (徳)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005(H17)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30521587

この記事へのトラックバック