2006年11月01日

2006.11 4年生

「えすがたあねさま」
 山形地方の方言で語られる昔話

ある日、貧しい若者の家に美しい娘が
「ひとばんとめてけねか・・・」とやってくる。

ふたりはやがて夫婦になる。
美しいあねさんの顔にみとれてばかりいるあにさん。

こまったあねさんは、自分の顔を紙に描いて
あにさんに渡した。

                          (金)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006(H18)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30521620

この記事へのトラックバック