2007年01月01日

2007.1 1年生

「ちっこい ちっこい」  『トム・チット・トット』より
 ジェイコブズ 文  吉田新一 訳  スズキコージ 絵
 (ブッキング 2006年初版)

むかし ちっこい ちっこい おんなが
ちっこい ちっこい さんぽをして
はかばから ちっこい ちっこい 骨を もちかえりました・・・
さて よるになったら・・・


                          (下)


「綱渡りの男」
 モーディカイ・ガースティン 作  川本三郎 訳
 (小峰書房 2005)

1974年8月4日
完成まじかのニューヨークいち背の高い2つのビルの屋上に綱を渡して
綱渡りを演じた若い大道芸人がいた。

現在はテロで失われたビルにまつわる実話を紹介する絵本です。


                          (下)


「かえるをのんだととさん」
 日野十成 再話  斎藤隆生 絵 (福音館書店 こどものとも)

昔あるところに 仲のいい ととさんとかかさんが住んでおったと。

ある日 ととさんの腹の具合が悪くなった。和尚さまのところに相談に行くと・・・

節分のお話です。


                          (石)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006(H18)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30521624

この記事へのトラックバック