2008年05月09日

2008.5.9 3年生

「どうぶつにふくをきせてはいけません」
 ジュディ・パレット:文 ロン・バレット:画
 ふしみみさお:訳 
 (朔北社 2005)

どうぶつにふくをきせてはいけません。
なぜなら…
やまあらしは とんでもないことになるし
らくだは のせるばしょをまちがえるし…
                     (下)


「いつもちこくのおとこのこ」
 ジョン・バーニンガム:作 谷川俊太郎:訳
 (あかね書房 1988)

ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー
おべんきょうしに みちをいそぐ
でもワニがマンホールから出てきて
かみついてきたり

ライオンがしげみから出てきたりで
ちこくしてしまいます。

ばつとして せんせいに
「もう ワニのうそはつきません
 てぶくろもなくしません」
と300回かかされますが…
                     (下)


「じろきちおおかみ」
 矢玉四郎:作 
 (岩崎書店 1985)

とうげのみちで じろきちおおかみは
ちいさなおんなの子をひろった。
つれてかえって すぐにたべようとすると、
うしのまんさくとっつぁんは、
3年もそだてれば ばいにはなる、という。
じろきちはせっせと おんなの子をそだてるが…
                     (竹)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32442278

この記事へのトラックバック