2008年09月03日

2008.9.3 2年生

「めっきらもっきらどおんどおん」
 長谷川摂子:文 ふりやなな:絵
 (福音館書店 1985)

あそぶともだちがいないかんたは 神社に行った。
神社に行っても誰もいないので、
かんたは めちゃくちゃな歌をうたった。
「ちんぷく まんぷく……」
するとーーーーーーーーー
                      (金)


「たべられたやまんば」
 紙芝居 松谷みよ子:文 二俣英五郎:絵
 (童心社 1984)

山寺の小僧が栗をひろっていると、
おばあさんが出てきて「今晩あそびにこい」と誘います。
それは山んばだからやめておけと、
おしょうさんにとめられましたが、
そうしても行ってみたくなって小僧は出かけました。
                      (徳)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32442485
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック