2008年09月05日

2008.9.5 3年生

「だいくとおにろく」
 松居直:再話 赤羽末吉:絵
 (福音館書店 1962)

流れのはやい川に 橋をかけることになった大工の前に
おにがあらわれた。
おには 大工のかわりに橋をかけてやるかわりに
目玉をよこせと言うが…
                    (石)


「ぜつぼうの濁点」
 原田宗典:作 柚木沙弥郎:絵
 (教育画劇 2006)

「昔あるところに 言葉の国がありまして
 その真ん中におだやかな ひらがなの国がありました…」
主の不幸は自分のせいではないかと思い悩んだ
「ぜつぼう」の濁点が自ら捨てられて
「きぼう」の濁点になるまでのおはなし 
                    (下)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32442497
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック