2008年12月17日

2008.12.17 2年生

「ほーら、これでいい!」
 ウォンディ・ペイ&マーガレット・H・リッパート:再話
 ジュリー・パシュキス:絵 さくまゆみこ:訳
 (アートン 2006)

はじめ、あたまは ひとりぼっちでした。
たべらるのは べろのとどくところだけでした。
ところが、ごろごろころがっていくと、うでに 会いました…。
                           (下)


「クリスマスのちいさなほし」
 オリガ・ヤクトーヴィチ:作 松谷さやか:訳
 (福音館書店 1999)


クリスマスイブの夜、ツリーの飾りつけたちは言い争いをして、
てっぺんに飾ってあった ガラスの星をこわしてしまいました。
新しい星を探しに、飾りつけたちは夜の空へ飛び立ちました。
                           (石)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32442747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック