2010年12月15日

2010.12.15 3年生

5142N3NV3GL._SL500_AA300_.jpg
「注文の多い料理店」
 宮沢賢治・作 小林敏也・絵
 (パロル舎 1989)

だいぶの山奥に、立派な一軒の西洋造りの家が
ありました。
そして玄関には、
  RESTAURANT
    西洋料理店
  WILDCAT HOUSE
     山猫軒
という札がでていました。

玄関は白い瀬戸の煉瓦で組んで、実に立派なもんです。
そして硝子の開き戸がたって、そこに金文字でこう書いてありました。

「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません」

                          (鈴)

posted by ぶんこ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42119544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック