2011年06月08日

2011.6.8 4年生

31nuf4XD96L._SL500_AA300_.jpg
「死神さんとアヒルさん」
 ヴォルフ・エァルブルッフ 作・絵
 (草土文化  2008)

しばらくまえからアヒルさんは、
だれかが自分のうしろにいるような気がしていました。
「だれ?どうして、わたしのあとをつけてくるの?」
「うれしい。やっと気がついてくれたのね。
わたし、死神なの。」

ある日アヒルさんは、死神さんの存在に気がつきます。
死神さんは、アヒルさんが生まれた時から ずっとそばにいたそうです。
二人はだんだんと仲良くなります。
二人は死について語ります。
そして、アヒルさんが最期を迎えるとき、死神さんはずっと寄り添っていました。

不思議な読後感。
気になって、また読みたい絵本です。

(学校図書館に所蔵あり E-エ)
                      (鈴)
posted by ぶんこ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45823024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック