2011年11月25日

2011.11.25 3年生

TS2E0049001.JPG
「かきやまぶし」
 文・内田麟太郎 絵・大島妙子
 (ポプラ社 2008)

とうといはずのやまぶしが、なんと柿の木にのぼって
ぬすみぐいをしています。
それをみつけた地主は、しかえしにからかってやろうとします…
さあ、どんなからかい方をするのでしょうか。

狂言の文体を生かした、声に出して読むと楽しい絵本です。

(学校図書館に所蔵あり E-お)
                          (下)

posted by ぶんこ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50954156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック