2012年01月17日

2012.1.17 1年生

120117_1314~01.JPG
「おなかのかわ」〈特製版〉
 瀬田貞二・再話 村山知義・絵
 (福音館書店 1977)

ねことおうむは、おたがいにごちそうに
よびあうことにしました。
けちんぼのねこは、おうむの用意した
大ごちそうを、おうむの分まで平らげて、
まだ足りないとおうむをひとのみ。
それをとがめたおばあさんや、ロバに馬方、はては王さまの行列まで、
つぎつぎぺろりごくんとまるのみにしてしまいます。
のまれてしまった人や動物は、いったいどうなったでしょう?
ねこのほうは?

瀬田貞二の名訳が楽しい昔話。遠目のきく絵も魅力的です。

なお本書は、1958年「こどものとも」32号(鈴木三重吉・訳 村山知義・画)
として出版され、その後改訂版が1975年に月刊「こどものとも年中向き」
(ペーパーバック)として出版されました。
1977年にはハードカバーの「特製版」として刊行。
今回読んだのは、2009年刊行の特製版第14刷です。
                            (下)

posted by ぶんこ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53140796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック