2013年05月29日

2013.5.29 4年生

110122_1505~02.jpg
「ふつうのくま」
 佐野洋子/作
 (講談社 1994 初出は文化出版局 1984)

くまと、その床下にすんでいるねずみは、
なかのいい友だちどうしです。
ねずみは、春の風にふかれながらチーズをたべると、
いまのいまが いちばんしあわせだと思います。
けれどもくまは、はちみつやドーナツをいくら食べても、
さびしいのです。
それは、おじいさんのおじいさんの おじいさんのおじいさんが空をとんだという、
あかいじゅうたんのせいでした。
くまはじぶんもとびたいのですが、なかなか決心がつきません。
が、とうとうある朝、心配してとめようとするねずみをおいて、くまは山をのぼりはじめます…

学校図書館に所蔵あり 913-さ
                            (下)

posted by ぶんこ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68569833
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック