2013年06月25日

2013.6.25 4年生

CA3K0107.jpg
「これがほんとの大きさ! 続──古代の生きものたち」
 スティーブ・ジェンキンズ/作 佐藤見果夢/訳
 (評論社 2008)

古代の地球に住む生きものたちが、実物大の迫真の切り絵で
描かれています。
体長2メートルのヤスデや10cmのゴキブリ(!)、
翼長3メートルの翼竜の頭、 恐竜の巨大なカギヅメや口など、
見てびっくり!切り絵の紙の質感も楽しめます。

正編の「これがほんとの大きさ!」は、現生の動物がやはり実物大で描かれていますが、
子どもたちはこちらの方がより好きみたいですね。
                            (下)

posted by ぶんこ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70012196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック