2014年02月10日

2014.2.10 4年生

CA3K0187.jpg「じごくのそうべえ 桂米朝・上方落語・地獄八景より」
田島征彦/作
(童心社 1978)

かるわざしのそうべえは、つなわたりをしていて足をすべらせ、死んでしまいます。歯ぬきしのしかい、いしゃのちくあん、やまぶしのふっかいと共に地獄へ送り込まれますが、みんながそれぞれの特技?を生かして、熱湯地獄も針の山もなんのその。閉口した閻魔様は、とうとう…

(学校図書館に所蔵あり E-た)

(和)
posted by ぶんこ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86984402
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック