2012年02月28日

2012.2.28 1年生

DSC_0134.JPG>
「だいくとおにろく」
 松居 直 再話 赤羽 末吉 絵
 子どものとも絵本 福音館 1962〜
 図書室貯蔵書あり

むかし、あるところに、とてもながれのはやい
おおきなかわがあった。
あんまりながれが はやいので、むらのひとたちは、とんとこまりはてていた。
そこで、むらのひとたちは、あつまって、いろいろ
はなしあったあげく、このあたりで
いちばん なだかいだいくに たのんでみましたが・・・さて、はしは・・・
鬼の登場と大工と鬼のやりとりが面白いですね。
                         (徳)
posted by ぶんこ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012年02月17日

2012.2.17 2年生

41a2kKmmu-L._SL500_AA300_.jpg
「きらいさ きらい」
 中川ひろたか・作
 工藤ノリコ・絵
 (理論社 2009)

きらい
アイスクリームは あついのが きらい
すぐに とけちゃうから

きらい
アイスクリームは さむいのも きらい
だれも たべたがらないから

きらい
せっけんは きれいな手が きらい
あまり やくに たてないから

きらい
せっけんは きたない手も きらい
じぶんも よごれてしまいそうで

                       (すず)

posted by ぶんこ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012.2.17 2年生

2012021710120000.jpg
「ちびフクロウのぼうけん」
 ノーラ・スロイェギン:文
 ピルッコ・リーサ・スロイェギン:絵
 みむらみちこ:訳
 (福音館書店・2009)所蔵あり

ちびフクロウは、お母さんの言いつけをきかず、
朝になっても眠らずに、冒険に出かけました。
ウサギ、クマ、リスなどに出会います。
                         (石)

posted by ぶんこ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012年02月16日

2012.2.16 3年生

41a2kKmmu-L._SL500_AA300_.jpg
「きらいさ きらい」
 中川ひろたか・作
 工藤ノリコ・絵
 (理論社 2009)

きらい
アイスクリームは あついのが きらい
すぐに とけちゃうから

きらい
アイスクリームは さむいのも きらい
だれも たべたがらないから

きらい
せっけんは きれいな手が きらい
あまり やくに たてないから

きらい
せっけんは きたない手も きらい
じぶんも よごれてしまいそうで

                       (すず)

posted by ぶんこ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012.2.16 3年生

DSC_0123.JPG
「としょかんライオン」
 ミシェルヌードセン作
 ケビンホークス 絵
 福本友美子 訳
 岩崎書店2007 .4〜

あるひ、としょかんに ライオンがはいって
きました。
かしだしカウンターのよこをとおり、
ずんずんあるいていきます。
としょかんいんのマクビーさんは、あわててかけだし、おくにある
としょかんちょうのへやへとびこんでさけびました。

・・・
さてライオンは?
                        (徳)

posted by ぶんこ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012年02月15日

2012.2.15 4年生

120215_1743~01.JPG
「かさぶたって どんなぶた
 (絵本 かがやけ詩 あそぶことば)」
 小池昌代・編 スズキコージ・画
 (あかね書房 2007)

16人の作になる18の詩をおさめた、こどものための
楽しいアンソロジーです。
コラージュを多用したスズキコージの絵も迫力が
あります。
ことばあそびの詩がいっぱい。
よく知られている「あいうえおにぎり」(ねじめ正一) 「おならうた」(谷川俊太郎)
なども入っていますが、「お経」(阪田寛夫) 「はやく」(藤富保男)もおすすめです。
学校図書館には残念ながら所蔵がありませんが、横浜市図書館では、
「図書館ホームページで紹介した本」になってました。

                         (下)

posted by ぶんこ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012.2.15 4年生

51WQ8YH710L._SL500_AA300_.jpg
「ケチルさんのぼうけん」
 たかどのほうこ 作・絵
 (フレーベル館 1998)

けちのケチルさんの楽しみは、
お金を貯めること。
ある日、ケチルさんは何でも百倍になる木のことを知り、
大金持ちになろうと全財産を持って出かけます。
さて、無事にお金は百倍になるのでしょうか?!

                          (すず)

posted by ぶんこ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012年01月30日

2012.1.27 2年生

120117_1314~01.JPG
「おなかのかわ」〈特製版〉
 瀬田貞二・再話 村山知義・絵
 (福音館書店 1977)

ねことおうむは、おたがいにごちそうに
よびあうことにしました。
けちんぼのねこは、おうむの用意した
大ごちそうを、おうむの分まで平らげて、
まだ足りないとおうむをひとのみ。
それをとがめたおばあさんや、ロバに馬方、はては王さまの行列まで、
つぎつぎぺろりごくんとまるのみにしてしまいます。
のまれてしまった人や動物は、いったいどうなったでしょう?
ねこのほうは?

瀬田貞二の名訳が楽しい昔話。遠目のきく絵も魅力的です。

なお本書は、1958年「こどものとも」32号(鈴木三重吉・訳 村山知義・画)
として出版され、その後改訂版が1975年に月刊「こどものとも年中向き」
(ペーパーバック)として出版されました。
1977年にはハードカバーの「特製版」として刊行。
今回読んだのは、2009年刊行の特製版第14刷です。
                            (下)

posted by ぶんこ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012年01月17日

2012.1.17 1年生

120117_1314~01.JPG
「おなかのかわ」〈特製版〉
 瀬田貞二・再話 村山知義・絵
 (福音館書店 1977)

ねことおうむは、おたがいにごちそうに
よびあうことにしました。
けちんぼのねこは、おうむの用意した
大ごちそうを、おうむの分まで平らげて、
まだ足りないとおうむをひとのみ。
それをとがめたおばあさんや、ロバに馬方、はては王さまの行列まで、
つぎつぎぺろりごくんとまるのみにしてしまいます。
のまれてしまった人や動物は、いったいどうなったでしょう?
ねこのほうは?

瀬田貞二の名訳が楽しい昔話。遠目のきく絵も魅力的です。

なお本書は、1958年「こどものとも」32号(鈴木三重吉・訳 村山知義・画)
として出版され、その後改訂版が1975年に月刊「こどものとも年中向き」
(ペーパーバック)として出版されました。
1977年にはハードカバーの「特製版」として刊行。
今回読んだのは、2009年刊行の特製版第14刷です。
                            (下)

posted by ぶんこ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2012年01月12日

2012.1.12 3年生

ブックトーク テーマ「音楽」

「もぐらのバイオリン」
 デイビット・マクフェイル:作
 野中ともそ:訳
 ポプラ社2006年(Eま)








「メロンのメロディー」
 山下明生:作
 渡辺洋二:絵
 理論社1996年









「コカリナの海」〜小さな木の笛の物語〜
 鈴木ゆき江:作
 小泉るみ子:絵
 ひくまの出版1998年(913す)







「リサイクル楽器を楽しもう」1〜4
 上畑美佐江:作
 高村忠範:絵
 汐文社2002年(750う)








「おじいちゃんの口笛」
 ウルフ・スタルク:作
 アンナ・ヘグルンド:絵
 菱木晃子:訳
 ホルプ出版(949す)






                              (石)
posted by ぶんこ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2011年12月17日

2011.12.17 2年生

2011121613470000.jpg
「おおきいツリー ちいさいツリー」
 ロバート・バリー:作  光吉夏弥:訳
 (大日本図書 2000)

ウィロビーさんのお屋敷にクリスマスツリーが
届きました。
でも、ツリーが大きすぎて天井につかえてしまいます。
仕方なく先を、ちょん切ってしまいました。
ちょん切られたさきっぽの行方は?

                         (石)

posted by ぶんこ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2011年12月15日

2011.12.15 3年生

111215_1446~02.JPG
「このよで いちばん はやいのは」(かがくのとも絵本)
 ロバート・フローマン原作 天野祐吉・翻案 あべ弘士・絵
 (福音館書店 2011)

ウサギはカメよりはやい。
カモシカはウサギよりはやい。
チータはカモシカよりはやい。が、
マグロの仲間のバショウカジキはチータよりはやく
およぎ、ハリオアマツバメはバショウカジキよりはやくとぶ。
しんかんせんやジェットりょかくき、おと、ちきゅうがまわっているはやさなど、
よりはやいものが次々登場する。
このよでいちばんはやいのは、いったいなんだろう?
      
                         (下)

posted by ぶんこ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2011.12.15 3年生

111215_1444~01.JPG
「さすがのナジョーク船長も
 トムには手も足もでなかったこと」
 ラッセル・ホーバン文 クェンティン・ブレイク絵
 (評論社 1980)

ばかばかしいことがだいきらいなトンカチーン・
トテモジャナイおばさんと二人暮らしのトムは、
ばかばかしいことがだいすき。
ぬかるみをはいまわり、がらくたの山をとびまわり、
たるにはいってころがるトムをこらしめるため、
おばさんはおそろしいナジョーク船長をよぶ。
船長とトムは、3種類のゲームで争うことになるのだが、そのゲームとは…

30年も前に出た絵本ですが、今も変わらず子どもたちに喜んでもらえます。
図書館で借りるしかないのは残念ですが。

                         (下)

posted by ぶんこ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2011年12月07日

2011.12.7 4年生

詩「もうすんだとすれば」
 『くまさん』より
 まどみちお:作
 (童話屋・1989)

もうすんだとすれば これからなのだ
あんらくなことが 苦しいのだ
暗いからこそ 明るいのだ
・・・・・

声を合わせてみんなで読みました。
                       (石)
posted by ぶんこ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2011.12.7 4年生

617Y8E8053L._SL500_AA300_.jpg
「しにがみさん」
  〜柳家小三治・落語「死神」より
 野村たかあき・絵
 (教育画劇 2004)

死神はお金がなくて困っている男に、
仕事を世話してやります。
「医者をやれ。おまえは今日から死神が見える。
 アジャラカ・モクレン・キュウライス・
 テケレッツのパァ。
 このじゅもんをとなえて、手をたたけば、死神はいなくなる。」

落語「死神」を元にした絵本。
見事な版画です!

(学校図書館に所蔵あり E-の)
                     (鈴)

posted by ぶんこ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2011年12月06日

2011.12.6 1年生

DSC_0003.JPG
「まどからおくりもの」
 クリスマス、仕掛け絵本

                 (鈴、徳)

posted by ぶんこ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2011.12.6 1年生

DSC_0002.JPG
「まゆとおに」
 富安陽子 文  降矢なな 絵
 福音館書店 子どものとも傑作集 1999 .4〜

やまんばのむすめまゆのはなしー

きたの おやまの てっぺんの
さんぼんすぎのしたに、
ちいさな いえがありました。
そのいえには、のっぽのやまんばと
やまんばのむすめの まゆが
すんでいました。すんでいました。
                       (徳)

posted by ぶんこ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2011.12.6 1年生

images.jpeg
「おふろだいすき」
 松岡 亨子・作 林 明子・絵
 (福音館書店 1982)

ぼく おふろ大好き。
いつもあひるのプッカといっしょに入るんだ。
今日もプッカといっしょに入っていたら、
おふろの底から、カメが出てきた!!
さらにペンギン、オットセイ、カバ、クジラまで出てきて…。
みんなでいっしょに おふろにつかって、50まで数えたよ。

ますますお風呂が大好きになっちゃう 楽しい絵本です。
                        (すず)

posted by ぶんこ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2011年11月25日

2011.11.25 3年生

TS2E0049001.JPG
「かきやまぶし」
 文・内田麟太郎 絵・大島妙子
 (ポプラ社 2008)

とうといはずのやまぶしが、なんと柿の木にのぼって
ぬすみぐいをしています。
それをみつけた地主は、しかえしにからかってやろうとします…
さあ、どんなからかい方をするのでしょうか。

狂言の文体を生かした、声に出して読むと楽しい絵本です。

(学校図書館に所蔵あり E-お)
                          (下)

posted by ぶんこ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度

2011年11月22日

2011.11.22 1年生

2011111111270000.jpg
「ちいさなおうさま」
 三浦太郎:作
 (偕成社・2010年)

むかし あるくにに ちいさな おうさまが いました。
おうさまは いつも ひとりきりで さみしかった。
あるとき およめさんを もらいました。
ちいさなおうさまの およめさんは
おおきな おひめさまでした。

色合いの綺麗な絵本です。
                       (石)

posted by ぶんこ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011(H23)年度