2012年11月28日

2012.11.28 4年生

2012112810130000.jpg
「かぜのかみとこども」日本の昔話
 おざわとしお:再話 佐藤芙美:絵
 こどものとも(福音館書店・1999年)

南風の神に柿やなしのなる場所に連れて行かれた村の子供達。
帰り道がわからなくなり困っていると…
                   (石)

posted by ぶんこ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年11月15日

2012.11.15 3年生

DSC_0092.JPG
落語絵本 「まんじゅうこわい」
 川端誠 作    
 クレヨンハウス 1996〜

きょうは、町内のわかいもんの、
えんかいなんですが、どうせひまだからてんで、
はやくから、なかまがあつまりまして、
みんなで、わいわいやりはじめました。・・・
                    (徳)

posted by ぶんこ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年11月13日

2012.11.13 1年生

201211132024000.jpg
「ぶたのたね」
 作…佐々木マキ
 絵本館 1989年出版

ぶたよりも足の遅いおおかみがいた。
いつかはお腹いっぱいぶたを食べてやろうと思っていた。
ある日、きつねはかせから「ぶたのたね」をもらい、
土にうめたら…。
さておおかみは、ぶたを食べることができたのでしょうか。
                      (佐)

posted by ぶんこ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.11.13 1年生

20121121095410.jpg
「あたまにかきのき」
 望月新三郎/文 赤坂美好/絵
 フレーベル出版(1988年)

あんにゃの頭に
かきの木が
はえてきて・・。
                     (太)

posted by ぶんこ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年11月09日

2012.11.9 2年生

2012111707440000.jpg
「ふくろにいれられたおとこのこ」 フランス民話
 山口智子:再話 堀内誠一:画
 (福音館書店2004)

オニの袋に入れられたピトシャン・ピトショは、
知恵を使ってオニをやっつけます。
                   (石)

posted by ぶんこ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.11.9 2年生

CA3K00510001.jpg
「かきやまぶし(狂言えほん)」
 内田麟太郎/文 大島妙子/絵
 (ポプラ社 2008)

修行を終えて、故郷に帰る途中のやまぶしが、柿の木に登って
盗み食いをします。
それを見つけた地主は、こらしめてやろうと…
狂言「柿山伏」をもとにした、迫力ある絵本。
狂言らしさが感じられる文体です。
(学校図書館に所蔵あり E-お)

                 (下)

posted by ぶんこ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年10月29日

2012.10.29 4年生

CA3K00490001.jpg
「パンプキン」
 ケン・ロビンス/写真&文 千葉茂樹/訳
 (BL出版 2007)

空気はひんやりすずしくなって、大地はおち葉で色とりどり。
そんな季節になると、あちらこちらでみかけるのがパンプキン!
春、畑にまかれた種がそだち、さまざまなパンプキンがみのる。
さあ、「おばけランタン」をつくるために、えらびにいこう!
ハロウィーンのパレードで、おばけランタンも、まちをねりあるく。
はたけにのこされてくさったりしたパンプキンも、たねをのこして、
来年のゆたかなみのりをもたらすだろう。

ハロウィンのころにぴったりの、ノンフィクション写真絵本。
                          (下)
posted by ぶんこ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.10.29 4年生

201209181159000.jpg
「紅玉」
 作…後藤竜二  絵…高田三郎
 新日本出版社 2005年出版

「あの中国人や朝鮮人は今ごろどうしてるべな」
りんごの季節になると、父はきまってぼくらに
同じ話を語り聞かせた。
                       (佐)
posted by ぶんこ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年10月24日

2012.10.24 3年生

DSC_0025.JPG
「ひとのいいねこ」
 田島征三 絵  南部和也 文
 小学舘2001〜

ねこのホルスは、おひとよし。
森であった一ぴきのノミに、血をすわせてあげました。
するとノミは、たまごをうんで、どんどんふえてきたのです。
どうする、ホルス・・・・。
                        (徳)
posted by ぶんこ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.10.24 3年生

2012102409580000.jpg
「ないたあかおに」
 浜田廣介:文  池田龍雄:絵
 (偕成社1965年)

人間と仲良くなりたい赤おにの為に、青おには、
ある考えを思いつきました。
赤おにと青おにの友人物語。
                          (石)
posted by ぶんこ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年10月12日

2012.10.12 2年生

ML_CA3K00460001.jpg
「茂吉のねこ」
 松谷みよ子/文  辻 司/絵
 (ポプラ社 1973)

てっぽううちの茂吉は、ちいさなみけねこと
くらしていました。
ある夕、さかやのみせさきで、かわいらしいわらしが
茂吉のつけでさけをかってゆくのにでくわします。
茂吉がおいかけていくと…

学校図書館の書架で四半世紀を経た絵本でした。
読み聞かせすれば、今も十分通用します。

(学校図書館に所蔵あり E-つ)
                       (下)

posted by ぶんこ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.10.2 2年生

2012101210100000.jpg
「こかげにごろり」
 金森襄作:再話
 チョン・スクヒン:画
 (福音館書店2006)

欲張りな地主から木陰を買取った百姓たち。
秋になり木陰がどんどん伸び、地主の家まで伸びて…
                           (石)
posted by ぶんこ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年10月09日

2012.10.9 1年生

ML_CA3K0045.jpg
「おれはねこだぜ」
 佐野洋子/作・絵 (講談社 1993)

なによりさばのすきなねこがいました。
あるひ、ねこがはやしをさんぽしていると、たくさんのさばが
「きみはさばをくっただろ」ときれいなこえでうたいながら、
ちゅうをとんでおいかけてきます。
びっくりぎょうてんしたねこは、「じょうだんじゃない。
おれはねこだぜ!」とさけびながら、いちもくさんににげだしたのですが…

見開きでも縦22×横30pの小さな絵本ですが、読み聞かせでは人気です。

(学校図書館に所蔵あり E-さ)
                            (下)

posted by ぶんこ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.10.9 1年生

DSC_0005.JPG
「へひりにょうぼう」
 こわさたまみ 文  あいだやすひろ 絵
 キンダーメルヘン 1991. 1〜

むかしむかし、あるむらに おはなという
むすめさんが おったと。
「おはなよ、おまえも もう むすめさんだ。 そろそろ およめにいかんとなぁ」
おとうとおかあは いつも いっていたが、おはなは、 「うん」といわない。
というのは、おはなは、すごいおならをする へっぴりぐせが あったからだと。・・・
                      (徳)

posted by ぶんこ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年09月26日

2012.9.26 4年生(全クラス合同ミニお話し会)

111005_1554~010001.jpg
「パイがいっぱい」
 和田誠・作 (文化出版局 2002)
より、 "どうぶつしりとり"

るすばんしてるねこ → ねころんでいるいのしし
 → ししゅうしてるぶた…と、
いろいろな動物が出てくるしりとりなど、様々な趣向の言葉遊びの詩がいっぱい!
パネルシアター仕立てにしました。
                         (下)
posted by ぶんこ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.9.26 4年生(全クラス合同ミニお話し会)

111005_1555~010001.jpg
「あるのかな」(大型本)
  織田道代・作 飯野和好・絵
 (すずき出版 2007)

みみずに みみは あるのかな
おおかみに かみのけ あるのかな
あめだまに めだまは あるのかな…

ことばの中にことばを探す楽しさ…子どもたちは「だじゃれだー」と喜びます。

                         (石)
posted by ぶんこ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.9.26 4年生(全クラス合同ミニお話し会)

100620_1227~020001.jpg
「ぜつぼうの濁点」
  原田宗典・作 柚木沙弥郎・絵
 (教育画劇 2006)

昔むかしあるところに
言葉の世界がありまして
その真ん中におだやかな
ひらがなの国がありました。…

「ぜつぼう」の「せ」の字にくっついて長年仕えた濁点が、
自ら捨てられて、「きぼう」の濁点になるまでのお話。
高学年向き絵本の代表とも言える作品で、声に出して
読むのにぴったりの文体です。

(学校図書館に所蔵あり E-ゆ)
(下)
posted by ぶんこ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.9.26 4年生(全クラス合同ミニお話し会)

CA3K00420001.jpg
「かさぶたってどんなぶた
(絵本 かがやけ詩 あそぶことば)」
 小池昌代・編 スズキコージ・画
 (あかね書房 2007)より"わかれのことば"

にほんじんなら さよなら
あめりかじんなら グッバイ
ほうちょうやさんなら では


ことばを楽しめる18の詩をおさめたアンソロジーから、
"わかれのことば"をおはなし会の最後に。
                         (石・下)
posted by ぶんこ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.9.27 3年生

DSC_0697.JPG
「おじいちゃんがおばけになったわけ」
 キム・フォップス オーカソン 文
 エヴァ・エリクソン 絵
 菱木晃子 訳
 あすなろ書房 2005.6〜

あるところに、エリックというおとこのこがいました。
エリックは、おじいちゃんがだいすきでした。
じいじと、よんでいました。
でも、じいじは、もういません。
しんぞうほっさで、みちでたおれて、しんでしまったのです。
・・・・・。     
                         (徳)

posted by ぶんこ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年09月18日

2012.9.18 1年生

2012091819020000.jpg
「ぴかくん めをまわす」
 松居直:作 長新太:絵
 (福音館書店1966)

信号機のぴかくん、大忙しで目をまわしちゃったよ。
さあ、たいへん!
                           (石)

posted by ぶんこ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度