2012年09月18日

2012. 2012.9.18 1年生

201209181159000.jpg
「うきわねこ」
 作…蜂飼 耳  絵…牧野 千穂
 ブロンズ新社 出版社 2011年出版

こねこの、えびおのお誕生日に、おじいちゃんから
うきわが送られてきた。
「満月の夜を楽しみにしていてください」と手紙がついていた。
さぁ、いよいよ満月の日になった…。
                       (佐)

posted by ぶんこ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年09月07日

2012.9.7 2年生

ML_CA3K0039.jpg
「そらとぶこくばん」
 ねじめ正一・さく 山口マオ・え
 (福音館書店 2004)

にねんいちくみのこくばんは、ほんとうは
おうさまのしょくたくになりたいのです。
きょうしつをぬけだして、がしがしかいだんを
のぼって、おくじょうからえいやーととびたちました。
さて、こくばんは、おうさまのしょくたくになれたのでしょうか?
                        (下)

posted by ぶんこ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年07月19日

2012.7.19 3年生

201207231234000.jpg
「おっきょちゃんとかっぱ」
作…長谷川摂子 絵…降谷奈々
福音館書店 1997年初版

おっきょちゃんは、かっぱに連れられ川の中へ。
水の外のことをすっかり忘れてしまったが、
ある日、川に浮かぶ自分の人形を見つけて、
お母さんのことを思い出した。
もとの世界にもどれるように、ちえのすいこさまにお願いするが…。
                        (佐)

posted by ぶんこ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.7.19 3年生

CA3K00090001.jpg
「ウエズレーの国」
ポール・フライシュマン作 ケビン・ホークス絵
千葉茂樹訳
(あすなろ書房 1999)

ひとりだけ我が道を行くウエズレーは
友だちがいない。
夏休みの自由研究に彼が思いついたのは、
自分だけの作物を育てて、自分だけの文明を築くことだった。
庭を耕して待つと、夜、不思議な植物の種が風にのって飛んできた…

(学校図書館に所蔵あり E-ほ)
                    (下)

posted by ぶんこ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年07月13日

2012.7.13 2年生

DSC_0535.JPG
「わがままいもうと」
 ねじめ正一 作   村上康成 絵
教育画劇 2005 . 11〜

「アイスクリームがたべたい」という病気の妹は
どんどんどんどんわがままになって・・・。
お兄ちゃんはそんな妹の為に、東へ、西へ大爆走!

お兄ちゃんがんばれ!              (徳)

posted by ぶんこ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年07月03日

2012.7.3 1年生

20120703082030.jpg
「ねしょべんたろう」
 渋谷 勲・文 赤坂三好・絵
 (フレーベル館 1989年)

毎晩おねしょばっかりの太郎が見た夢は・・・。
むかしばなしシリーズの一冊。

(学校図書に所蔵ありE−あ)

                         (太)

posted by ぶんこ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.7.3 1年生

CA3K00030001.jpg
「トム・チット・トット」
 ジェイコブズ文 吉田新一訳 スズキコージ絵
 (ブッキング 2006)
 より、“ちっこい ちっこい”

ちっこいちっこい女が、ちっこいちっこいはかばで、
ちっこいちっこいほねをひろった。
ちっこいちっこいわが家にかえって、ほねをちっこいちっこい
戸だなにしまい、ちこちこっとねむると、戸だなからちっこいちっこい声が… !

イギリスの昔話が2つ入った本から、短くてちょっとこわいお話を読みました。
                           (下)

posted by ぶんこ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年07月02日

2012.7.2 4年生

189227-1.png
「テーブルのしたにはふしぎがいっぱい」
 オレリー・ギュレ 作・絵
 (講談社 2002)

レストランへ行って退屈したマルタン。
テーブルの下を覗いてみると、
オオカミやワニや飛行機…いろいろなものがいました。
                     (すず)


posted by ぶんこ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.7.2 4年生

2012070212360000.jpg
「カッパのぬけがら」
 なかがわちひろ:作
 (理論社:2000)

川で溺れたゲンタは、カッパに会った。
カッパのぬけがらを着て、ゲンタはカッパになったのだが…
                      (石)



posted by ぶんこ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年06月22日

2012.6.22 2年生

2012062210040000.jpg
「あまやどり」
 久保秀一:写真 七尾純:文
 (偕成社2002)

雨が降りはじめました。
かたつむりは、おさんぽに出掛けました。
でも、ちょうちょもは、とんぼもあまやどり…
かたつむりは、「あまやどりってなんだろう?」と考えました。
                       (石)
posted by ぶんこ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年06月21日

2012.6.21 3年生

51JBN4NNC6L._SL500_AA300_.jpg
「しずくのぼうけん」
 マリア・テルリコフスカ・作
 ボフダン・ブテンコ・絵
 (福音館書店 1969)

村のおばさんのバケツから、
ぴしゃんとしずくは旅にでた。
おひさまに照らされ、水蒸気になって、
雲になって、雨になって、氷になって…。

しずくの冒険を通して、水の性質を解説する絵本です。
                      (すず)
posted by ぶんこ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.6.21 3年生

111215_1446~02.jpg
「このよで いちばん はやいのは」(かがくのとも絵本)
 ロバート・フローマン原作
 天野祐吉・翻案 あべ弘士・絵
 (福音館書店 2011)

ウサギはカメよりはやい。カモシカはウサギよりはやい。
チータはカモシカよりはやい。が、マグロの仲間の
バショウカジキはチータよりはやくおよぎ、
ハリオアマツバメはバショウカジキよりはやくとぶ。
しんかんせんやジェットりょかくき、おと、ちきゅうがまわっているはやさなど、
よりはやいものが次々登場する。
このよでいちばんはやいのは、いったいなんだろう?
                            (下)

posted by ぶんこ at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年06月18日

2012.6.18 4年生

51JBN4NNC6L._SL500_AA300_.jpg
「しずくのぼうけん」
 マリア・テルリコフスカ・作
 ボフダン・ブテンコ・絵
 (福音館書店 1969)

村のおばさんのバケツから、
ぴしゃんとしずくは旅にでた。
おひさまに照らされ、水蒸気になって、
雲になって、雨になって、氷になって…。

しずくの冒険を通して、水の性質を解説する絵本です。
                      (すず)

posted by ぶんこ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.6.18 4年生

2012061809320000.jpg
「くわずにょうぼう」
 稲田和子:再話
 赤羽末吉:画
 (福音館書店.1980)

とんとん むかし よくばり男が
「めしは食わないで、よく働く嫁さんが欲しい」と
思っていた。
ある日、美しい娘が嫁に来てくれたんだが…
                        (石)

posted by ぶんこ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年06月12日

2012.6.12 1年生

110715_0908~01.jpg
「かみなり  狂言えほん」
 内田麟太郎・文 よしながこうたく・絵
 (ポプラ社 2008)

やぶいしゃがみやこ落ちして、ひがしをめざして
のはらをあるいていると、めのまえに、
かみなりがおちてきました。
こしをいためたかみなりは、いしゃにちりょうせい
というのですが…

狂言『神鳴』にもとづいた絵本。
                      (下)
posted by ぶんこ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012 6.12 1年生

DSC_0503.JPG
「うちゅうひこうしになりたいな」
 作 バイロン.バートン
 訳 ふじた ちえ
 発行 インターコミュニケーション

うちゅうひこうしになりたい
これがなかまだ
スペースシャトルにのって
うちゅうめざして とんでいくんだ
・・・  
                  (徳)
posted by ぶんこ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年05月31日

2012.5.31 3年生

CA3K00060001.jpg
「世界のむかしばなし」
 瀬田貞二・訳 太田大八・絵
 (のら書房 2000)
 より、“ねこの大王”

世界各国の昔話の中から、瀬田貞二さんが14編を
選びました。
絵本ではありませんが、お話はいずれも短くて、
奇想天外だったり、とぼけた楽しい話だったりしますので、
読み聞かせにも向きます。

今回読んだのは、イギリスの昔話「ねこの大王」。
この本で唯一、ちょっと怪談めいた話です。
                         (下)

posted by ぶんこ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年05月14日

2012.5.14 4年生

ehon8908.jpg
「おとなりさん」
 きしらまゆこ・文 高畠純・絵
 (BL出版 2006)

あかいやねのにわとりさんのおとなりに、
誰かがひっこしてきたようです。
でもおとなりさんに、なかなか会うことができません。
おとなりにひっこしてきたのは、ふくろうさんだったのです。

ふたりのすれ違いが楽しい本です。
                      (鈴)

posted by ぶんこ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012年05月11日

2012.5.11 2年生

51aN4rafZlL._SL500_AA300_.jpg
「りょうりをしては いけないなべ」
 シゲタ サヤカ 作・絵
 (講談社 2010)

町で一番人気のレストランに、新しいナベが
やってきました。
でもこのナベ、ちょっと困ったナベなんです。
料理中に笑い出しては、中身を ジャバーーー!!
嫌いなトマトやにんじんやエビだけ、上手に選んで
プップップッ!!
大事なお料理をもう何度だめにしたことでしょう。

困ったナベのはずなのに、読むごとに愛しくなってしまいます。
                      (鈴)

posted by ぶんこ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度

2012.5.11 2年生

2012051110130000.jpg
「おかえし」
 村山桂子・作 織茂恭子・絵
 (福音館書店・1985年)

引っ越しをしてきたきつねの奥さんが、隣のたぬきの家に
引っ越しのご挨拶に来ました。
たぬきの奥さんは、頂いた贈り物のおかえしに
何を持って行ったでしょう…
                      (石)
posted by ぶんこ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012(H24)年度