2014年02月27日

2014 2. 26 3年生

「おいしい おかゆ」 グリム昔話

おはなしのろうそく1より 素語りをしました

むかしあるところに びんぼうでしたが、とてもきだてのよい 女の子が
おりました。
その子は、おかあさんとふたりきりで すんでいましたが、あるとき、とうとう、食べるものが、なにもなくなってしまいました。
そこで、女の子は、食べ物をさがしに、森にでかけて行きました。
……


(徳)
posted by ぶんこ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年02月26日

2014.2.26 3年生

CA3K0191.jpg「しもばしら」(かがくのとも 405号)
野坂勇作/作
(福音館書店 2002)

さむい朝、はーちゃんは おばあちゃんと、いろいろなしもばしらを 探してあるきます。うちに帰ってから、はーちゃんは おばあちゃんに教えてもらって、冷蔵庫で しもばしらを作ります…

今年はとりわけ寒いので、久しぶりにこの本を読んでみました。楽しい科学絵本です。
ハードカバーの特装版あり。

(下)
posted by ぶんこ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年02月19日

2014年2月10日 2年生

DSC_0124.jpg「かぜひきたまご」

舟崎克彦作
杉浦範茂絵
講談社
2001年出版

ぼくがひろった、不思議なたまご。こまったことがあると、みがわりになってくれるんだ。なんて、すてきなたまご〓
でも、たまごが大きくなってきたよ〓


(佐村)

posted by ぶんこ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年2月18日 1年生

DSC_0122.jpg「せかいでいちばんやかましい音」

ベンジャミン・エルキン作
松岡享子訳
太田大八絵
こぐま社
1987年出版

やかましいガヤガヤの都でも、いちばんやかましいことの好きなギャオギャオ王子さま。この王子さまは「やかましい音が聞きたい、もっともっと」といつも思っていました。王子さまの誕生日に、王子さまがほしがったものは…。


(佐村)

posted by ぶんこ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年02月14日

2014年2月2年生

NCM_0114.JPG「3びきねこさんのそりあそび」(こどものとも)
柳生まち子:作
福音館書店2000年
「ふようになったふるいそり さしあげます。ほしいひと とりにきてください」掲示板の貼り紙を見て、3びきねこさんは出かけて行きますが…    (石)
posted by ぶんこ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年02月10日

2014年2月10日 4年生

1392042405527.jpg「東北んめえもんのうた」

長谷川 義文 作

2014年佼成社出版

東北を舞台にした「んめえもん 」満載の楽しい遊び歌です。
歌って、踊って、お腹がすく絵本です。

(太)
posted by ぶんこ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014.2.10 4年生

CA3K0185.jpg「ふたりはふたご」
田島征彦・田島征三/作
(くもん出版 1996)

ゆきちゃんとせいちゃんはふたごの兄弟。ふたりは、かおもそっくり、やることもおなじ。けんか別れしても、くさいちごや やまももを見つければ、やっぱり相手の分もとって持って行きます…

絵本作家になった兄弟が、子ども時代をふたりで描きました。昔、さかなつりを一緒にしたときみたいに。どこをどちらが描いたかな?

(学校図書館に所蔵あり E-た)

  (和)
posted by ぶんこ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014.2.10 4年生

CA3K0187.jpg「じごくのそうべえ 桂米朝・上方落語・地獄八景より」
田島征彦/作
(童心社 1978)

かるわざしのそうべえは、つなわたりをしていて足をすべらせ、死んでしまいます。歯ぬきしのしかい、いしゃのちくあん、やまぶしのふっかいと共に地獄へ送り込まれますが、みんながそれぞれの特技?を生かして、熱湯地獄も針の山もなんのその。閉口した閻魔様は、とうとう…

(学校図書館に所蔵あり E-た)

(和)
posted by ぶんこ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014.2.10 4年生

CA3K0186.jpg「かちかちやま」
田島征三/作
(三起商行 1987)

おなじみの昔話ですが、かちかちやまの絵本を選ぶなら、ぜひこれを読んでみて下さい。日本一怖いかもしれませんが、お話・絵とも、大迫力です。

(和)
posted by ぶんこ at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年01月29日

2014年1月29日 3年生

1390986541328.jpg「十二支のはやくちことばえほん」

高畠 純 作・絵
2008年 教育画劇出版

十二支でおなじみの動物達が、
早口言葉で大活躍!

でもなぜか、十二支なのに豚が・・!?

ぶたがぶたをぶったら
ぶたれたぶたが
ぶったぶたをぶったので
ぶったぶたと
ぶたれたぶたが
ぶったおれた

(太)
posted by ぶんこ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014.1.29 3年生

CA3K0179.jpg「あなのはなし」
(『おはなしのろうそく 4』東京子ども図書館/編 より)
ミラン・マラリーク/作 間崎ルリ子/訳
(東京子ども図書館 1975)

くつしたにあいたあなは、どんどん大きくなって、すっかりくつしたをのみこんだあげく、ぶらりと旅に出ます。道々、ドーナツ、かえる、つばめ、ひつじと、仲間が増えますが、一晩泊まった森の小屋で、みんなおおかみにのみこまれてしまいます。ところが、おおかみがあなをのみこんだとたん…

ストーリーテリングでよく取り上げられる話です。繰り返しが楽しく、ちょっとシュールな展開も魅力。語り初挑戦でやってみました。

  (下)
posted by ぶんこ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年01月28日

2014年1月1年生

NCM_0106.JPG「風の神と子ども」かたり
福音館書店1995・日本の昔話Cより・小澤俊夫著
いたずらものの南風が、子どもたちを、栗や柿や梨がたくさんあるところに、風に乗せて連れていきます。ところが南風が、子どもたちをおいてきぼりにしてしまったので…
(石)
posted by ぶんこ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年01月27日

2014年1月20日 4年生

DSC_0069.jpg「注文の多い料理店」

宮沢賢治原作
ミキハウス出版
1987年出版

鹿狩りにきた二人の紳士、迷いこんだ山奥で、西洋料理店「山猫軒」を見つけた。お腹がすいていたので、中に入ると「当軒は注文の多い料理店ですからどうかそこはご承知ください」の文字が。「どうか帽子と外套と靴をおとりください。」「壺のなかのクリームを顔や手足にすっかり塗ってください。」などと書かれた扉をどんどん進んでいくとそこは…。

(佐村)

posted by ぶんこ at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年01月20日

2014*1*20 4年生

1390228505466.jpg「十二支のはやくちことばえほん」

高畠 純 作・絵
2008年教育画劇出版

十二支でおなじみの動物達が、
早口言葉の中でも大活躍!
ユーモラスなセンス溢れるイラストで
愉快で楽しい絵本です。
でも、十二支の中になぜか豚が・・?!

ぶたがぶたをぶったら
ぶたれたぶたが
ぶったぶたをぶったので
ぶったぶたと
ぶたれたぶたが
ぶったおれた

(太)
posted by ぶんこ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014年01月14日

2014.1.14 2年生

DSC_0978.jpg
「どろんこ こぶた」
 アーノルド. ローベル作
 岸田衿子訳
 文化出版局 ミセスのこどもの本 1969〜

こぶたは、おひゃくしょうさんの うちの、
ぶたごやに すんでいました。
こぶたは、たべるのが だいすき、
うらにわを かけまわるのも だいすき、
ねむる ことも、だいすきでした。
でも、なによりも
なによりも すきなのは、やわらかーい どろんこの なかに、
すわったまま、しずんでゆく ことでした。
                         (徳)

posted by ぶんこ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2014.1.14 2年生

CA3K0113.jpg
「ひともじえほん(こどものとも 668号)」
 こんどう りょうへい/さく
 かきのきはら まさひろ/こうせい
 やまもと なおあき/しゃしん 
 しゅつえん・コンドルズ
 (福音館書店 2011)

からだでもじをつくってみよう どんなもじができるかな?

ダンスグループ・コンドルズのメンバーが江戸時代みたいな浴衣を着て、
体でひらがなを作ってみせてくれます。
リズム感の良い文章がついているので、読み聞かせ向き。

2年生は1年生みたいに、てんでに立ち上がって、
やってみようとするということはありませんが、喜んでくれたようです。
なお、2011年刊の『こどものとも』なので、この年齢の子が相手だと、
「それ保育園(幼稚園)で貰ったから知ってる!」という声があがるかも。
                        (下)

posted by ぶんこ at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年12月25日

2013.12.25 T保育園おはなし会

2013年も押し詰まった25日、車で3、40分の保育園まで出張してきました。


演目は、
 ☆歌のパフォーマンス「わらべうた」
 ☆人形劇「はらぺこあおむし」
 ☆16ばいにひろがるえほん「にぎやかなともだち」
 ☆パネルシアター「かおかおどんなかお」
 ☆ペープサート「へんしんトンネル」
でした。

階段などに「はらぺこあおむし」の飾りつけがしてある素敵な保育園で、
子どもたちは生き生きした反応をしてくれて、楽しかったです。

(和)(石)(徳)(下)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年12月18日

2013.12.18 3年生

111215_1446~02.jpg
「このよで いちばん はやいのは」(かがくのとも絵本)
 ロバート・フローマン原作 天野祐吉・翻案 あべ弘士・絵
 (福音館書店 2011)

ウサギはカメよりはやい。
カモシカはウサギよりはやい。
チータはカモシカよりはやい。
が、マグロの仲間のバショウカジキはチータよりはやくおよぎ、
ハリオアマツバメはバショウカジキよりはやくとぶ。
しんかんせんやジェットりょかくき、おと、
ちきゅうがまわっているはやさなど、よりはやいものが次々登場する。
このよでいちばんはやいのは、いったいなんだろう?
                       (下)

posted by ぶんこ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.12.18 3年生

1387369251367.jpg
「きこりとおおかみ」 フランス民話
 山口智子 再話
 堀内誠一 画
 福音館(1977年2月1日)発行
 学校図書所蔵あり Eほ

森のはずれに住むきこりと、
そのきこりをねらう、
おなかをすかせたおおかみの、
スリリングで愉快な
知恵くらべのものがたり。
                    (太)

posted by ぶんこ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年12月17日

2013.12.17 1年生

IMG_20131218_172528.jpg
「まゆとおに」
やまんばのむすめ まゆのおはなし
 富安陽子 文
 降矢なな 絵
 福音館書店 1999.4〜

きたの おやまの てっぺんの
さんぼんすぎのしたに、
ちいさな いえがありました。
そのいえには、
のっぽのやまんばと
やまんばの むすめの まゆが
すんでいました。
                    (徳)

posted by ぶんこ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度