2013年12月13日

2013.12.13 2年生

DSC_0069.jpg
「注文の多い料理店」
 宮沢賢治原作
 ミキハウス出版 1987年出版

鹿狩りにきた二人の紳士、迷いこんだ山奥で、
西洋料理店「山猫軒」を見つけた。
お腹がすいていたので、中に入ると
「当軒は注文の多い料理店ですからどうかそこはご承知ください」の
文字が。
「どうか帽子と外套と靴をおとりください。」
「壺のなかのクリームを顔や手足にすっかり塗ってください。」などと
書かれた扉をどんどん進んでいくとそこは…。
                         (佐)

posted by ぶんこ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.12.13 2年生

NCM_0102.JPG
「ヨセフのだいじなコート」
 シムズ・タバック:作
 木佐涼:訳
 (フレーベル館2001年)

ヨセフは、コートを持っていました。
でもそのコートがボロボロなったので、コートをジャケットに作りなおしました。
ジャケットもボロボロになったので、キョッキに作りなおしました。
チョッキもボロボロになったので…
                     (石)

posted by ぶんこ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年12月09日

2013.12.9 4年生

1386599516248.jpg1386599540784.jpg
グリム童話「あいててて!」
 ナタリー・バビット 再話
 ブレッド・マルチェリーノ 絵
 せな あいこ 訳
 2007年4月20日初版発行 評論社

生まれたとき、
王冠のもようのアザがあったので、
その赤んぼうは、「おひめさまと結婚する
運命じゃぞ」って、占い師に言われた。
それを聞いて ムカムカしたのは王さま。
とんでもないっ!とばかりに・・・

もともとはグリムのお話。
それを、バビットとマルチェリーノが、ユーモアあふれる、
洒落た絵本に仕上げました。

                  (太)

posted by ぶんこ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.12.9 4年生

CA3K0164.jpg
「だだずんじゃん」
 川崎洋/詩 和田誠/絵
 (いそっぷ社 2001)

日本語の面白さを満喫できる36編の詩が収められた1冊。
よくこんなのを考えつくな、と感心してしまう言葉遊びの詩が
満載です。(言葉遊びではない詩もありますが)

なぞなぞやパズルのスタイルのものもあって、
いろいろ楽しめます。
                        (下)

posted by ぶんこ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年11月27日

2013.11.27 3年生

DSC_0912.jpg
「うまかたやまんば」
 おざわとしお 再話
 赤羽末吉   画
 福音館書店 1988年11月〜

むかし、あるところに、ひとりのうまかたが
いました。
あるひのこと、うまかたは、はまで、
どっさり さかなをしいれ、うまのせにふりわけに つけて、
やまみちを のぼっていきました。
ひがくれて、とうげに さしかかると、・・・・・
                      (徳)
posted by ぶんこ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.11.27 3年生

CA3K0107.jpg
「これがほんとの大きさ! 続──古代の生きものたち」
 スティーブ・ジェンキンズ/作 佐藤見果夢/訳
 (評論社 2008)

古代の地球に住む生きものたちが、
実物大の迫真の切り絵で描かれています。
体長2メートルのヤスデや10cmのゴキブリ(!)、
翼長3メートルの翼竜の頭、 恐竜の巨大なカギヅメや口など、
見てびっくり!
切り絵の紙の質感も楽しめます。

いま生きている動物が原寸大で描かれている、
正編「これがほんとの大きさ!」もあり。
                    (下)

posted by ぶんこ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年11月26日

2013.11.26 1年生

DSC_0065.jpg
「ものぐさトミー」
 ペーン・デュポア作
 岩波書店 1977年出版

ものぐさなトミーは、電気じかけの家にすんでいます。
朝おきるのも、歯をみがくのも、着替えも、食事も全部自動です。
ある日、トミーの家が停電になり、トミーはずっと眠り続けました。
停電が直り、電気じかけが元どおり動き始めたら、
大変なことになっちゃいました。
                        (佐)

posted by ぶんこ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.11.26 1年生

NEC_0198.JPG
「たのしいふゆごもり」
 片山令子:作
 片山健 :絵
 (福音館書店 1991 所蔵あり)

こぐまとおかあさんぐまは、きのみやハチミツ、
わたの実を集めて冬ごもりの支度をします。
                      (石)

posted by ぶんこ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年11月18日

2013.11.18 4年生

1384741203091.jpg
「じゅっぴきで ござる」
 エクトル・シエラ/作
 高畠 純    /絵
 佼成社出版社(2013年9月30日)

いっぴき バナナを あさる。
はっぴきで ござる。

いっぴき とげが ささる。
ななひきで ござる。

知られざる。面白さ!?

                   (太)

posted by ぶんこ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.11.18 4年生

ML_CA3K00550001.jpg
「アイウエ王とカキクケ公」
 武井武雄/原案 三芳悌吉/文と絵
 (童心社 1982)

アイウエ王に治められる豊かな王国が、隣国の
欲深なカキクケ公に攻められ、王はタチツテ塔に
幽閉の身となる。
人々は高徳のサシスセ僧に作戦を相談し、
ナニヌネ野でカキクケ公国軍と戦う…

アイウエオからワイウエオまでをもれなく順番に使った、
言葉遊びが楽しい。
見た目はいかにもレトロですが、紹介すると喜ばれる本。

   (学校図書館に所蔵あり E-み)

posted by ぶんこ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年11月17日

2013.11.17 青葉おはなしフェスティバル

人形劇『いっすんぼうし』


子どものいないじいさまとばあさまが、神社にお参りしてやっとさずかったのは、
ゆびにも足らん、小さな男の子だったと…

おなじみの昔話を、人形劇にしました。
青葉おはなしフェスティバルは今年で14回目。
つつじ文庫は10回、参加しています。

(和)(石)(徳)(佐)(亀)(太)(下)
posted by ぶんこ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年11月15日

2013.11.15 2年生

CA3K015900010001.jpg
「つぶむこ」
 小林輝子/再話 飯野和好/え

むかし、こどものいないふうふが
かんのんさまにがんかけをして、
やっとさずかったのは…

むかし むかし あったけずぉん。で始まり、
とっぴんぱらりのぷぅ。で終わる、
語り口の楽しい昔ばなしです。
                    (下)

posted by ぶんこ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.11.15 2年生

NEC_0198.JPG
「たのしいふゆごもり」
 片山令子:作
 片山健:絵
 (福音館書店 1991 所蔵あり)

こぐまとおかあさんぐまは、きのみやハチミツ、
わたの実を集めて冬ごもりの支度をします。
                       (石)

posted by ぶんこ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年10月24日

2013.10.24 3年生

DSC_0064.jpg
「しにがみさん」
 野村たかあき作
 教育画劇 2004年出版

ある男が、しにがみの言う通りに
医者をやることになった。
足元に、しにがみがいる患者なら、おまじないをとなえて手をたたくと、
すっかり元気になってしまうのだ。
ところがある日、欲に目がくらんで、死ぬべき患者を助けてしまった。
怒ったしにがみが、男を連れて行った場所とは…。
                 (佐)

posted by ぶんこ at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.10.24 3年生

1379039159065.jpg
『かかしのじいさん』
 深山 さくら 文
 黒井 健   絵
 佼成出版社 (2009年12月10日)

きむずかしい、かかしのじいさん。
すずめ を 追い払 うことがしごと。
でも、じゃまでしかたがなかったすずめと、ふれ合ううちに、
かかしのじいさんにめばえた感情
初めて知る相手を思う気持ち・・・。
あたたかい気持ちにあふれた絵本です。
                    (太)

posted by ぶんこ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年10月22日

2013.10.22 1年生

ML_CA3K004500010001.jpg
「おれはねこだぜ」
 佐野洋子/作・絵 (講談社 1993)

なによりさばのすきなねこがいました。
あるひ、ねこがはやしをさんぽしていると、たくさんのさばが
「きみはさばをくっただろ」ときれいなこえでうたいながら、
ちゅうをとんでおいかけてきます。

びっくりぎょうてんしたねこは、
「じょうだんじゃない。おれはねこだぜ!」とさけびながら、
いちもくさんににげだしたのですが…

見開きでも縦22×横30pの小さな絵本ですが、読み聞かせでは人気です。

(学校図書館に所蔵あり E-さ)

                      (下)

posted by ぶんこ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.10.22 1年生

NCM_0088.JPG
「ハロウィンナー」
 デーヴ・ピルキー:作  金原瑞人:訳
 (アスラン書房1998・所蔵あり)

いつもみんなの笑いものの犬のオスカー。
でもハロウィンの夜、大活躍するのです。

                        (石)

posted by ぶんこ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年10月21日

2013.10.21 4年生

CA3K00490001.jpg
「パンプキン」
 ケン・ロビンス/写真&文 千葉茂樹/訳
 (BL出版 2007)

空気はひんやりすずしくなって、大地はおち葉で色とりどり。
そんな季節になると、あちらこちらでみかけるのがパンプキン!
春、畑にまかれた種がそだち、さまざまなパンプキンがみのる。
さあ、「おばけランタン」をつくるために、えらびにいこう!
ハロウィーンのパレードで、おばけランタンも、まちをねりあるく。
はたけに置き去りになったパンプキンも、たねをのこして、
来年にはゆたかなみのりをもたらすだろう。

ハロウィンのころにぴったりの、ノンフィクション写真絵本。
子どもたちは、様々なデザインのおばけランタンに沸きます。
                          (下)

posted by ぶんこ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013.10.21 4年生

1379039159065.jpg
『かかしのじいさん』
 深山さくら  文  黒井 健  絵
 佼成出版社 (2009年12月10日)

きむずかしい、かかしのじいさん。
すずめ を 追い払 うことがしごと。
でも、じゃまでしかたがなかったすずめと、ふれ合ううちに、
かかしのじいさんにめばえた感情
初めて知る相手を思う気持ち・・・。
あたたかい気持ちにあふれた絵本です。

                           (太)

posted by ぶんこ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度

2013年10月18日

2013.10.18 1年生

NCM_0087.JPG
「となりのまじょのマジョンナさん」
 ノーマン・ブリッドウェル:作 ながつきるり:訳
 (偕成社2001年)

私の隣に魔女のマジョンナさんが住んでいます。
マジョンナさんの魔法は、みんなを幸せにします。
                       (石)

posted by ぶんこ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013(H25)年度