2014年10月24日

2014.10.24 2年生

DSC_0034.jpg「のっぺらぼう」
杉山亮 作
軽部武彦 絵
2010年 ポブラ社

「やまにいって、たきぎをとってきておくれ。でもそれがすんだらすぐにかえってくるんだよ。やまはくらくなると、こわいものがでるからね。」ははおやにいわれたことをすっかりわすれ、すっかりかえりがおそくなってしまったおとこのこ。あわててやまをおりる、そのとちゅうでであったのは…。

(佐村)
posted by ぶんこ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年09月22日

2014年9月4年生

NCM_0170~3.jpg「ついでにペロリ」デンマークの昔話
〜かたり〜
(東京子供図書館 2000年)
おばあさんが出かけている間に、ネコはおかゆをペロリとたいらげてしまいます。ついでにおなべもペロリ!ネコは次々とペロリと飲み込んでしまいます。
  (石)
posted by ぶんこ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014.9.22 4年生

CA3K0260.jpg「ホネホネたんけんたい」
西澤真樹子/監修・解説 大西成明/写真 松田素子/文
(アリス館 2008)

さあ、いくぞ!ぼくらは ホネホネたんけんたい。ホネのひみつをさぐりにいこう!

へびのどうたいは、どこまで?鳥が飛ぶためのひみつは?ブタの足は、まるでハイヒール!
いろいろな動物の骨標本を見ると、わかることがいっぱいあります。巻末にイラスト入りの詳しい解説つき。

  (下)
posted by ぶんこ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年09月16日

2014年9月1年生

NCM_0166.JPG「あれこれたまご」
(2004年 福音館書店)
とりやまみゆき・文
中の滋・絵
たまごがいろんな料理にへんしんするで〜。みんなでなかよう食べてえや。
             (石)
posted by ぶんこ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年09月05日

2014 9 . 4 3年生

IMG_20140905_213643.jpg ちいさなかがくのとも
「ゆうぐれのさんぽ」
高柳芳恵 文
夏目義一 絵
福音館書店 2012 8〜

夏から秋への橋渡しとなるこの時期は、2つの季節がオーバーラップし、一年の中でも、最も変化に富んでいます。
魅力たっぷりの夏の終わりの夕暮れどき、田んぼ道をゆっくりとさんぽへ。 (徳)
posted by ぶんこ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014・ 9・4 3年生

1409826483009.jpg『ずいとん先生と化けの玉』

那須正幹 文 長谷川義史 絵
2003年 童心社発行

ある秋の夜
ずるくて欲張りなお医者さんと
人を騙すのが得意な母キツネの
駆け引き。
だましたり、だまされたり・・・。

( 太)
posted by ぶんこ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014.9.5 2年生

CA3K0186.jpg「かちかちやま」
田島征三/作
(三起商行 1987)

おなじみの昔話ですが、かちかちやまの絵本を選ぶなら、ぜひこれを読んでみて下さい。日本一怖いかもしれませんが、お話・絵とも、大迫力です。

(学校図書館に所蔵あり E-た)
(和)
posted by ぶんこ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014.9.5 2年生

ML_CA3K00390002.jpg「そらとぶこくばん」
ねじめ正一・さく 山口マオ・え
(福音館書店 2004)

にねんいちくみのこくばんは、ほんとうはおうさまのしょくたくになりたいのです。きょうしつをぬけだして、がしがしかいだんをのぼって、おくじょうからえいやーととびたちました。さて、こくばんは、おうさまのしょくたくになれたのでしょうか?

(下)
posted by ぶんこ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年07月14日

2014 . 7 . 14 1年生

DSC_1160.jpg「どろぼうしょうがっこう」
かこさとし 作 おはなしのえほん
偕成社

1973〜

おいのこもり という、へんな なまえの もりに、
きんとぎんの めをした へんな みみずくが すんでいました。

これから おはなしするのは、
その へんな もりの へんな みみずくが、
わたしに おしえてくれた
おかしな へんな おはなしです。
(徳)
posted by ぶんこ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年07月08日

2014.7.7. 4年生

1404470933372.jpg『たんぼのおばけタニシ』

大木 淳一 写真、文
そうえん社

76歳のじいちゃんが、
これまでずーっと見てきたたんぼ・・・
2歳になったばかりのキョウちゃんが
これからすごすたんぼ・・・
たんぼのすがたが、
どんどんかわっている・・・

(太)
posted by ぶんこ at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年07月07日

2014.7.7 4年生

100620_1227~020001.jpg「ぜつぼうの濁点」
原田宗典・作 柚木沙弥郎・絵
(教育画劇 2006)

昔むかしあるところに
言葉の世界がありまして
その真ん中におだやかな
ひらがなの国がありました。…

「ぜつぼう」の「せ」の字にくっついて長年仕えた濁点が、自ら捨てられて、「きぼう」の濁点になるまでのお話。
高学年向き絵本の代表とも言える作品で、声に出して読むのにぴったりの文体です。

(学校図書館に所蔵あり E-ゆ)
(下)
posted by ぶんこ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年07月04日

2014.7.4 . 2年生

1404470532662.jpg『おとうさん』大型紙芝居

与田準一 脚本
田畑精一 絵
童心社

ひとりぼっちの魔物のマンガラン
・グリーン・ベクーは、
おとうさんにばけて、水遊びをしている子供をさらいました。
本物のおとうさんとそっくりで
わからないので、
島の王様にさいばんできめてもらうことになりました・・・・。
(太)
posted by ぶんこ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014.7.3 3年生

1404469169490.jpg『ハスの花の精リアン』

チャン.ジャンホン 作.絵
平岡 敦 訳
徳間書店2011年

泥の中から清らかな花を咲かせる
ハスをモチーフに、
花の精と親切な漁師の
優しい絆を描く
美しい大型絵本
(太)
posted by ぶんこ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年07月03日

2014.7.3 3年生

CA3K0240.jpg「カタツムリ」 (フォトかみしばい かがくのアルバム)
七尾 純/構成・文 奥谷喬司/監修 久保秀一ほか/写真
(あかね書房 1990)

カタツムリはどんなくらしをしているのかな?春夏秋冬の過ごし方や、足のしくみ、ものの食べ方、たまごの産み方孵り方などがよくわかる写真紙しばいです。
男の子も女の子も面白がって見てくれました。それにしても、カタツムリって、首のあたりから卵を産みおとすんですね。知らなかったなー!

(下)
posted by ぶんこ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年06月16日

2014.6.16 4年生

CA3K0164.jpg「だだずんじゃん」
川崎洋/詩 和田誠/絵
(いそっぷ社 2001)

日本語の面白さを満喫できる36編の詩が収められた1冊。よくこんなのを考えつくな、と感心してしまう言葉遊びの詩が満載です。なぞなぞやパズルのスタイルのものもあって、いろいろ楽しめます。

読み聞かせをするときには、好きな詩を何編か選び、詩の朗読の間に、「なぞなぞ」「字ぐそーぱずる」などを観客参加にして挟むと楽しいです。

(学校図書館に所蔵あり 911-か) 

 
        (下)
posted by ぶんこ at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014・ 6・16 4年生

1400133885443.jpg「まげすけさんとしゃべるどうぐ」
(こどものとも699号)

太田大輔 作・絵

福音館書店2014年6月

まげすけさんは 江戸の髪結い。
大事に扱っていたどうぐたちが、
ある日突然しゃべり・・。

身の回りの品とご主人様との
関係を描いていて、
落語を聞いているように感じる絵本。

(太)
posted by ぶんこ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年06月12日

2014.6.12 3年生

CA3K00060001.jpg「世界のむかしばなし」
瀬田貞二・訳 太田大八・絵
(のら書房 2000)
より、“七にんさきのおやじさま”

世界各国の昔話の中から、瀬田貞二さんが14編を選びました。絵本ではありませんが、お話はいずれも短くて、奇想天外だったり、とぼけた楽しい話だったりしますので、読み聞かせにも向きます。

今回は、ノルウェーの昔話「七にんさきのおやじさま」を語りで。

(学校図書館に所蔵あり 388-せ)

(下)
posted by ぶんこ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年6月 3年生

NCM_0143.JPG「とうさんはタツノオトシゴ」
エリック・カール:作
さのようこ:訳
(偕成社 2006)
タツノオトシゴ、ヨウジウオ、ティラピアなど、子育てをする珍しいお父さん魚たちのはなし。
(石)
posted by ぶんこ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年06月11日

2014 6. 9 1年生

DSC_1102.jpg「へひりにょうぼう」

文 こわせ たまみ
絵 蓬田 やすひろ

フレーベル館

1991初版

むかし むかし、あるむらに おはなという むすめさんが おったと。
…… (和)
posted by ぶんこ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度

2014年06月10日

2014 6. 9 1年生

DSC_1098.jpg「三びきのやぎのがらがらどん」

マーシャ.ブラウン 作
せた ていじ 訳

福音館書店 1965〜


むかし、三びきの やぎが いました。 なまえは、どれも がらがらどん と
いいました。
あるとき、やまのくさばで ふとろうと、やまへ のぼっていきました。


…… (徳)
posted by ぶんこ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014(H26)年度