2018年09月07日

2018.9.6 1年生

image1.jpeg「わりとけっこう」
中川ひろたか 文
長 新太 絵
1997.8〜絵本館

わりとすいか
わりとすいかって おおきいんだよね
わりとすいかって おもいんだよね・・・(徳)

iPhoneから送信
posted by ぶんこ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018.9.7 1年生

CA3K09420001.jpg「ほね、ほね、きょうりゅうのほね」
バイロン・バートン/さく かけがわ やすこ/やく
(ポプラ社 2017)

ほね、ほね、ほねをさがしてあるく…

恐竜の骨をさがして、掘り出して、博物館に運び込み、クリーニングして、組み立てたら?

ティラノザウルスの骨格標本が出来上がるまでを、リズミカルな文と、はっきりした力強い絵で描く絵本。

この本をきっかけに、恐竜大好きの子どもたち(たくさんいます!)と、恐竜情報をやりとりできて、楽しい読み聞かせでした。
(なおこの本は、佑学社から1992年に、インターコミュニケーションズから1998年に発行されたものの復刊です)

(学校図書館に所蔵あり E-バ)

  (下)
posted by ぶんこ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年07月19日

2018年7月 3年生

DSC_0018.JPG「おんちょろちょろ」日本民話
瀬田貞二 再話
梶山俊夫 画

(福音館書店1970年)

あるおとこのこが、みちにまよってやまのふもとにすむじいさんばあさんにとめてもらうことになりました。
こぞうのふりをしてよんだおきょうを、じいさんばあさんはありがたがってまいにちまいばんとなえておりました。
そこへ3人のどろぼうがやってきたのですが…。

(佐)
posted by ぶんこ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年7月19日 3年生

image1.jpeg『きみは しっている』
作者 五味 太郎
1979年初版2016年改版
岩崎書店

岩かげに肉を隠すコンドルくん。「見張ってくれよ、きみ」と読者に語りかけます。コンドルくんが去るとキツネが肉を掘り出した!肉が見つからないコンドルくんは大さわぎ…。

(太)
posted by ぶんこ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年7月6日 2年生

image1.jpeg『かっぱのすもう』紙芝居
脚本 渋谷 勲
絵 梅田 俊作
監修 松谷 みよこ
童心社

小学校所蔵あり

すもうずきのじいさまが、田のくさとりをしていると、「すもうとろう、すもうとろう」とおかしなこえがしてきました。

(太)
posted by ぶんこ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年07月06日

2018年7月 1年生

IMG_20170706_180608.JPG「うえきばちです」
川端 誠 作

(BL出版 2007年)

うえきばちがあったので
つちをいれて
のっぺらぼうをうえました。
まいにちみずをやっていたら…

(佐)
posted by ぶんこ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年07月03日

2018.7.3 2年生

CA3K09130001.jpg「ヨセフのだいじなコート」
シムズ・タバック/作 木坂 涼/訳
(フレーベル館 2001)

ヨセフはコートをもっていました。すりきれてつぎだらけになったコートをジャケットに変え、それもすりきれると、チョッキ→マフラー→ネクタイと次々に作りかえてゆきますが…

イディッシュ語の歌が元になった、楽しい仕掛け絵本です。

  (下)
posted by ぶんこ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018.7.3 2年生

DSC_0163.JPG
「こぶたのむぎわらぼうし」
森山 京 ・作
佐野 洋子 ・絵
(小峰書店 2009年)

おかあさんが あんだ むぎわらぼうし。
にいさんや ねえさんは みんな
すてきな めじるしを つけたのに、
おちびちゃんだけ みつからないのです…

(亀)

posted by ぶんこ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年07月02日

2018.7.2 4年生

CA3K0911.jpg「ちいさな ちいさな−めに みえない びせいぶつの せかい−」
ニコラ・デイビス/文 エミリー・サットン/絵 越智典子/訳 出川洋介/監修
(ゴブリン書房 2014)

わたしたちの身のまわりは、目に見えない、ちいさな生き物―微生物―でいっぱい!
微生物の生態、わたしたちとの関わり、自然界で果たす役割などがよくわかる、楽しい科学絵本。

(学校図書館に所蔵あり 465-て)

(下)
posted by ぶんこ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018.7.2 4年生

_20180702_213939.JPG
「ピカピカ」
たばたせいいち
(偕成社 1998年)

すてられて ないていた
じてんしゃの ピカピカ。
そのピカピカがアフリカに!?

(亀)

posted by ぶんこ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年06月21日

2018.6.21 3年生

CA3K0896.jpg「めちゃくちゃ はずかしかった こと」
リュドヴィック・フラマン/文 エマニュエル・エカウト/絵 ふしみ みさを/訳
(あすなろ書房 2007)

ふとおもいだすと、キャッといいたくなるくらい はずかしいことって ない?

とびばこをとんだしゅんかん、プッとおならがでちゃったり、ともだちのまえで あかちゃんのときの あだなで よばれたり…

だれにでも覚えのある経験を、しゃれた筆致で描いた絵本。
著者たちはベルギーの人です。

残念ながら、現在品切れの本なので、図書館でご覧下さい。

(下)
posted by ぶんこ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年6月 3年生

IMG_20170706_180608.JPG「うえきばちです」
川端 誠 作

(BL出版 2007年)

うえきばちがあったので
つちをいれて
のっぺらぼうをうえました。
まいにちみずをやっていたら…

(佐)
posted by ぶんこ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年06月18日

2018.6.18 4年生

CA3K0893.jpg「龍」
今江 祥智/文 田島 征三/絵
(BL出版 2004)

雲を呼び竜巻も起こせる龍なのに、龍の子三太郎は、ほんとに気が弱い。人に見られないように、いつも沼の底にとぐろをまいてかくれていたが、ある晩とうとう人に出会ってしまって…

(下)
posted by ぶんこ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年6月 4年生

DSC_0033.JPG「ジムとまめの木」
レイモンド・ブリッグズ 作
矢川澄子 訳

(評論社 1978年)

あるあさ、ジムが目をさましてみると、どこまでものびている木がはえていた。
のぼりきると、そこにはよぼよぼの大男のじいさんがいて、むかし、ジャックというこぞうがいえの金品をぬすんでいって、それからいいことなどひとつもない、おいぼれてしまった、とはなした。

ジムはそんな大男に、まずは、めがねをつくってあげることにした。
さてどうなることでしょう…。


(佐)
posted by ぶんこ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年06月12日

2018年6月12日 2年生

image1.jpeg『あめふり うります』
平田昌広 文
野村 たかあき 原案・絵
講談社 2014年5月 発行

小学校所蔵あり Eの

「ひがーしの はたけに あめ ザンザン」
そういうと、かおを ごしごしー
なにをするのも めんどくさがりのぐうたらねこ、ねこきちが、なにやら
おかしな しょうばいを はじめました。
(太)
posted by ぶんこ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018.6.12 2年生

image1.jpeg
「とんでもない」
鈴木のりたけ 作
アリス館 2016.2〜

ぼくは さいの よろいのような
りっぱな かわが うらやましい

でも じつは さいは うさぎが
うらやましくて‥

どうぶつたちの なやみとは?

(徳)
iPhoneから送信
posted by ぶんこ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年06月10日

2018年 6月 8日 1年生

_20180610_092314.JPG
「ろくべえ まってろよ」
灰谷健次郎・作
長  新太・絵
(文研出版 1975年)



きょゅーん わんわん

ろくべえが、あなに おちているのを、
さいしょに みつけたのは、えいじくんです…

さて、みんなは ろくべえを ぶじにたすけられるかな!?

(かめ)

posted by ぶんこ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年 6月 8日 1年生

_20180608_224723.JPG
「かいぶつになっちゃった」
   木村泰子 作・絵
(ポプラ社 2013年)

もりのおくに おそろしい かいぶつがすむといわれる ふるいやしきがあった。
あるとき ことりが そのやしきにまよいこみ…にげた ことりは みんなに どんなにおそろしいかいぶつかをはなした…

するとみんなは
「そうだ。みんなでかたぐるまして おおきくなろう。」
「かいぶつがこわがるくらいに おおきくなろう。」と…

(わだ)


posted by ぶんこ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年05月18日

2018 5 17 3年生

_20180518_121148.JPG
「くいしんぼうシマウマ」
ムウェニエ・ハディシ 文
アドリエンヌ・ケナウェィ 絵
草山 万兎 訳
(西村書店 1988年)

ずうっと ずーっとむかしのこと。
世界じゅうの動物は、みんな みーんな うすぼけた なさけない色だった。
つのも、ふさふさの毛皮も なく、水玉もようもなければ しまも なかった。
ところが…


アフリカ ケニアに伝わる昔話。どうしてシマウマはあのもようになったのかな?

(亀)

posted by ぶんこ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018 3 18 3年生

_20180518_121148.JPG
「くいしんぼうシマウマ」
ムウェニエ・ハディシ 文
アドリエンヌ・ケナウェィ 絵
草山 万兎 訳
(西村書店 1988年)

ずうっと ずーっとむかしのこと。
世界じゅうの動物は、みんな みーんな うすぼけた なさけない色だった。
つのも、ふさふさの毛皮も なく、水玉もようもなければ しまも なかった。
ところが…


アフリカ ケニアに伝わる昔話。どうしてシマウマはあのもようになったのかな?

(亀)

posted by ぶんこ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度